上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.30 CGCクラス
先週水曜日のCGCテストには不合格となりましたが、んま結果はどうであれ、今週もCGCクラスに参加しています。


今回は、かあちゃんの友達のKさんとその愛犬「ももちゃん」、


11062903.jpg


それと、モモ家のご近所でいつも熱心に愛犬に接していらっしゃるMさんとその愛犬「エリーちゃん」


11062902.jpg



が参加しています。


この2ワンズ、

未来に比べたらとっても大人しくて人懐っこいくいい子たちなんですよ。

「未来が通っている、こんなクラスがあるよ」って紹介したんだけど、二人ともさっさと卒業しちゃいそうです。

今回のクラスは初日だからかもしれないけど、総勢11頭も集まりました。

中にはハイテンションな子もいるし、これだけの数のワンコと人が近くにいてもジッと大人しくしていないといけない環境というのは、普段なかなかありません。


と他人(他犬)のことはさておいて、未来はどうだったかというと、相変わらず吠えまくっていました。

公園に鳴り響いていたワンコの鳴き声は未来のだけだったかもしれません。

何度も書きますが、クラスに通って早一年。

少しづつですが、これでも良くなっているんですよ。

人やワンコが近くにいても、静かに、未来のことを無視してくれていれば、吠えることはありません。

でも、人やワンコが未来の方向に向かってくると、今でも緊張して吠え出します。

ほんとにビビリなんですよね。

もっと肝っ玉を据えて欲しいのだけど、こればっかりは習うようなことでもないので、慣れるまでとっても時間が掛かります。

ということで、お友達にどんどん抜かれて行っても、未来は未来のペースで続けています。

11062901.jpg
スポンサーサイト
2011.06.23 CGCテスト
一年以上通ってるCGCクラス。

過去にこれまで2回受験していますがいずれも失格しています。


一年前に受けた初めてのテストではかあちゃんがハンドラーして、

2項目、フレンドリーな訪問者と挨拶するのと、3分間のセパレーションで失敗しています。

このときのエバリュエーターはタミーだったので、未来は怖がることも無くタミーに跳びついての失格でした。


2度目はとうちゃんのハンドラーで、未来にとって余りなじみのないケイトがエバリュエーターだったので、未来の身体を撫でるときに唸ってしまい、そこで即失格退場となりました。


あれから一年の間、CGCのクラスに通い続けてはいましたがテストを受けることは控えていました。

テスト中はオヤツやオモチャを使えないので、未来にとって悪い印象が残るのを恐れていたんですね。


毎週水曜日の夕方。

雨の日も風の日も。

どうしても抜けられない用事が無い限り通い続けたお陰で、今ではすっかりタミーやジュリーには慣れて、唸るようなことは無くなりました。

人が大きな声を出したり手を叩いたりすると、その音に反応して吠えますが、今はそれでも大人しくできるように頑張っているところです。


そして昨日、一年ぶりにテストを受けてみました。

結果は、淡い期待はあったものの、予想通り不合格。

失敗した項目は、3つ。

いずれも、人が近づいてくるとか、触られるとかの項目でした。


110622.jpg
こんな成績表がもらえます。クリックすると大きくなります。


エバリュエーターがタミーかジュリーだったら、合格したかもしれませんが、受験者はエバリュエーターを選べないので仕方が無いですね。

やはり、エバリュエーターが近づいてきたり触ろうとすると、吠えるは唸るはで、とうちゃん必死に静かにさせようとするのですが無理でした。

本来なら、未来が唸った時点で退場なのでしょうが、未来のとこを良く知っている人だったので多めに見ていただいたのだと思います。

その後の寸評は、「随分良くなったね。頑張ったねー。」と未来にトリートをいただきました。

これまでの未来だったら、トリートをもらうこともできなかったでしょうから、少しずつでも進歩していると...思いたい。



他の項目でもきわどいものがありました。

ロングリをつけての、ステイとカム。

ステイとカム自体は未来にとってなんの苦もなくできるのですが、ロングリを持って来てこれから行われるテスト項目を説明するアシスタントが近づいてくるときに吠えるはほえる。

でもこの吠えてる瞬間はテストには入っていないので、アシスタントの人が離れると同時に強めの「ステイ」で大人しくなりました。


セパレーション項目で3分待つのはいつも心配なのですが、これは以外にも大人しく待てるようです。

エバリュエーターの人はただ未来のリーシュを持って静かに立っているだけで、未来は全く無視してひたすらとうちゃんが離れて行った方向を見ています。

戻るときには念のため軽く「ステイ」と言って、とうちゃんに向かってくることを制止すれば、その場所にジッとしてられます。



来週からまた次のクラスが始まります。

いつになったらテストに合格するのか分かりませんが、たとえ合格してもこのクラスがある限り、通い続けていこうと思っています。

次回の6週のクラスでは、ももちゃんと、ご近所のエリーちゃんも来るそうです。

この子たちとは普段の日も逢う機会があるので、できることならお友達になって欲しいのだけど、さて、どうなることやら。

それに、この子たちに先を越されてテストに合格されたらと思うとちょっと照れくさい。(可能性100%)

1106220.jpg

ボール遊びをしている場合じゃないだろーが。

はやくなんとかしてくれよ。

2011.01.13 5回目
未来のCGC教室通い、

5回目に突入しました。

去年の6月頃から通い始めたので、7ヶ月以上も通っていることになります。

1回のセットが6週間から8週間のコースです。

コースの最後の週にテストがあり、テストにパスすればおしまい、落ちた人がまた受講するのは少ないようです。

もうこうなったら意地でも、タミーさんが「もう、来るな」というまで続けるぞ。

教室はいつも水曜日の夜。

ボイジーの冬は、夕方5時にもなるともう暗いです。

なので、前回のクラスからインドアでIdaho Humane Societyを使用しました。

ここはインドアとはいえ結構広かったのですが、今回の場所はCaldwellのシェルターの一室。

かなり狭く、未来にはつらい環境です。



初めて行く建物の中の狭い部屋。

未来は警戒して素直に入れません。

ドアを開けても、へっぴり腰になってじっとしてる。

2、3度トライしていると、中からジュリーさんが出てきて、未来に挨拶してくれました。

これで、やっと教室なんだと理解したのか、元気になって入ってくれました。


実はこのクラスはCGCではなく、Loose Leash Walkingというコース設定。

CGCのクラスは急遽6時から始まることになって、とうちゃんは会社が終わってからこの時間に間に合うにはちっと無理。

という訳で、CGCクラスの直ぐ後に、同じHIDiが主催しているこのクラスに参加することなりました。

んま、未来の目的はCGCにパスすることではなく、社会化。

少人数なこちらのクラスのほうが、かえってよかったと思います。


で、どうだったかというと、

教室の時間中、一度も吠えることはありませんでした。

未来にとっては、凄いことなんですよ。

10メートル四方くらいの狭い部屋のなかに、4頭の生徒さんたちと先生のデモ犬1頭。

部屋の中を歩く状況になり、後ろから来るワンコにお尻をクンクンされても、大丈夫。

これも、これまでやってきた成果ですかね。

これからも続けてやっていきたいと思います。


教室が終わって外に出ると、我慢してたのかすぐにウ○チをして、さあ帰ろうと車に向かうと、中から出てきたワンコに吠える未来。

だめじゃん。

今まで一緒にいたワンコなのに、外だと教室モードから外れるようです。



11011301.jpg



来週も頑張ろな。






2010.07.15 CGC テスト結果
CGCクラスを受け始めてから8週目の昨日、テストがありました。

結果から先に報告すると、

モモは合格

未来は残念ながら失格でした... orz



テストは合計10項目。

1. Out for a walk
2. Walking through a crowd
3. Sit and down on command/Staying in place
4. Coming when called
5. Reaction to distractions

6. Accepting a friendly stranger
7. Sitting politely for petting
8. Appearance and grooming
9. Reaction to another dog
10. Supervised Separation (3 minutes)


この内5項目づつ別々に、20メートルほど離れた場所で行われました。

まず未来が先に呼ばれ、1~5の項目を始めました。

とうちゃんとモモは、未来の視界に入らないように車の影に隠れていたのですが...

モモの順番が来て、6~10項目のテストに呼ばれました。

モモが指示されたところに行くと、かあちゃんの未来を呼ぶ大きな声...

その声に振り返ると、未来がこっちに向かってかあちゃんを引っ張っている姿が見えました。

そう、心配していたんですよね。

モモと未来、お互い離れているとぜんぜんハンドラーに集中できないんですよ。

これまでの授業中も、モモとうちゃんコンビと、未来かあちゃんコンビは、なるべく離れたところで練習していたんですよ。

モモも、特に未来は相手のことが気になります。

それがテストの妨げになって、普段はできることでも全くだめでした。



このテストはオビの競技会のように厳しくないので、モモがかあちゃんと未来のほうをジッと見つめていても、過度にリーシュを引っ張ったりしない限り、失格にはなりませんでした。

あまあまの採点で、いただいたのがこれです。



CGC_100714.jpg


これをAKCに送れば、サティフィケートがいただけます。



未来の落としたポイントは、6番と10番の項目です。

6番でジャンプアップを2回もしてました。

1項目の失敗ならテストの最後にやり直しの敗者復活もあるそうですが、もう一つ落としてしまい追試は2週間以降にもう一度受けられます。

10番では、3分間待ってかあちゃんが戻るとき、待ちわびたのか、かあちゃんの姿を見たとたんに走り寄ろうとしてしまいました。

かあちゃんとしては嬉しいことなのですが、テストとしては失格です。


でも悪いところばかりではありません。

未来については最初から合格するとは思っていませんでしたが、思いの他がんばったところもありました。

まずクラウド(3人の初めて見る男の人)の中を歩くのですが、普段だったら煩く吠えまくるのに、まったく吠えませんでした。

9番で、犬連れの人と止まって挨拶するのですが、この犬にも吠えませんでした。

この場所がトレーニングモードにしていることもありますが、なかなかの進歩にとうちゃん、かあちゃん、嬉しいかぎりですね。(普段の散歩では、相変わらず吠えます)


ビデオも定置撮影したのですが、「えっ、こんなんで通っちゃうの」というくらいの出来でしたので、アップしません。

未来は社会化の練習のために、もう一回このクラスに通うつもりでいます。

2010.06.14 CGC Week-3
このCGCのクラス、お天気に恵まれません。

初日は、雨の予想で急遽インドアに。

2週目の先週は、雨の中を公園で...

写真もなにも撮れずにアップしてません。

そして3週目、朝からぐずぐずした天気で、雨だったら行くの止めようと思っていました。

でも、クラスが始まるころにはいい天気になりました。


今日のテーマは:

1. Accepting a Friendly Stranger

2. Sitting Politely for Petting

3. Appearance and Grooming

4. Out for a Walk

5. Sit and Down on Command/Staying in Place

6. Coming when Called

7. Reaction to Another Dog


今日は訳合ってとうちゃんは見学。

相方のモモと一緒に車のなかで、未来とかあちゃんがやっているのを見てました。



未来は、ここをトレーニングの場所だと思っているのか、普段の散歩で他人にすれ違ったときのように吠えまくるようなことはなくなりました。



でも逆に慣れた人に、お約束のジャンプアップは止められません。(んま、いいか 汗

10060901.jpg



ブラッシングと触られるのに慣れる練習

10060902.jpg



公園の中で、他のワンコたちとすれ違っても平気でかあちゃんに集中していられる練習

10060903.jpg


オンリーシュで、ステイの練習

10060904.jpg



普段の散歩の時には、なかなかこうはいきません。

でも徐々に、ほんとに少しずつ吠えるのが少なくなってきたような気がします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。