上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.27 シャンプー
ワンコは水遊びが大好きで、泳ぎも得意と認識していた。

妻もそう思っていたに違いない。

モモがまだちっちゃい時、一緒に水遊びでもしようと思ったのか、花に水をあげる時にモモにもかけたらしい。
モモには、それがとってもいやだったみたいだ。

それがトラウマになって、散歩中、スプリンクラー(自動で芝に散水するやつ)を見ると、遠巻きに歩こうとしていた。

シャンプーをする時も、それが影響しているようだ。

大嫌いだ。

シャンプーをするのは、妻と二人がかりだ。

最近でこそ、湯船の中で自立してくれるが、小さい頃は私が抱っこして入っていた。
シャワーの栓を開けると、必死で逃げようとするので、まるで猫にかかれたような引っかき傷が絶えなかった。 (最近はずいぶん慣れてきたが、後半はまだ逃げようとする)

私はモモと一緒に湯船の中から、妻は外から、と二人がかりで宥めたりすかしたりしながら洗った後は、妻にバトンタッチ。

妻は、まるで実の子の湯上りを拭くようだ。

こうやって大変な思いをしているシャンプーだが、次の日には地べたに寝っころがって、もうドロドロ。落ち込み
スポンサーサイト
今日は妻と一緒です。 ブログ用写真撮影を頼みました。

今日のレッスンは:


1. 復習

Sitしてリリースコマンドまでじっとしている。
スタート・ダッシュ
一緒に走る。 サイドの切り替えを注意された。



2. 180度ターン

今回は、"Turn"とコマンドを言ってUターン。
モモ、完璧。
褒められた。笑顔

agi06092501_1.jpg

3. Phone book

電話帳をガムテープで巻いて作った台に、ワンコが両手、もしくは両足を乗せる。
先生のワンコのデモを見たが、なんとお利口な。
先生が電話帳の周りを回ると、ワンコも両前足を電話帳に乗せたまま一緒に回り、その間ずっと先生にアイコンタクトしている。

モモは、初挑戦。
なかなか難しい。
家で、じっくり練習せねば。落ち込み

ここボイジーに来るずっと前から、いつかは犬を飼いたいとの願いがありました。

色んな犬の本を買ってきて、あるときは 「ジャックテリヤが良いな」、またあるときは 「やっぱり、フレンチブルがカッワイイ!」 と色んなことを言っていました。

そんなことを言っている妻に対し小さい声で、「一緒に遊べるような犬が良いな」 と…

でも、日本に居たときはマンション暮らしで、犬を飼うことなど夢のまた夢でした。

ひょんな事からアメリカはボイジーに住むことになりました。

最初にアパートを探すとき、「犬が飼える」 も条件にしていましたが、結局、住環境を優先して 「犬はだめ」 なところにしてしまいました。

でも、犬を飼うことは諦めきれず、思いは募るばかりでした。

2005年夏、そろそろここに来て1年になろうしています。
アパートは3階で、隣接の池やグリーンベルトが見え、とっても眺めがよく気に入っていました。

でも、どうしても犬を飼いたいと、家でも買おうかということになりました。

-------------------------------------------------

年も明け、「ねえ、いつになったら犬飼うの」 と妻は催促、なかなか行動に移さない私に苛立ちを感じている様子。

この頃は、毎週欠かさず 「Idaho Humane Society」 のホームページを見ていました。

ある日、いつものように 「Idaho Humane Society」 を見ていると、可愛い子犬がたくさん載っていました。
みんな兄弟のようです。
ボーダーとラブのMIXのようです。
その中で、毛並みがボーダーに一番近い子が気に入り、早速電話をしました。
「明日なら、OK」とのこと、急に気持ちが慌ただしくなりました。

「もし気に入った子が居たら連れて帰るかも知れないし、何を準備すればいいの」 と、今思えば要らぬ心配でした。

翌日フォスターママのところに、見に行きました。

子犬たちはみんな元気に、ケージの中で遊んでいました。
でも、お目当ての子が見当たりません。
聞いてみると、その子は既にアダプトされたそうです。
ちょっとがっくりして他の子達を見ていると、皆が近くに来て背伸びをしているなか、一匹だけが奥の方で恥ずかしそうにしていました。
抱っこしてみると、両手でしっかり肩を掴んで、じっとしています。

「この子、小柄だし、大人しいし、初めての僕らにはちょうどいいかも」 とこの子にすることにしました。
この判断は間違っていた、と後に後悔することなどこの時は思いも及びませんでした。

「一匹じゃ寂しいだろうから、もう一匹」 と私が言い出すと、フォスターママが、「初めてだったら、止めておいた無難よ」 と言ってくれました。
この助言は、今思えば大正解でした。

その日に、連れて帰れると思っていたんですが、フォスターママが 「色々と手続きや…"スペード" しなくちゃ…」 と、

スペードspades.jpgってなんだ。

話の流れから、去勢のようだが。 後で調べてみるとやっぱり、spayed、卵巣を摘出しちゃうことでした。

フォスターママはまた、「この子、今はティナっていうけど、好きなのに変えていいのよ」 とも言ってました。

いろいろ考えた末に、「モモ」と命名しました。
momoadopteds.jpg

-------------------------------------------------

一週間後、「Idaho Humane Society」 にモモを貰いに行きました。

書類手続きを終え、モモを待っていると…

出てきました。

係りの人に抱かれて、眠そうに大人しくしています。
避妊手術をしたばかりで、まだ麻酔が効いているようです。

眠りについたモモをそっと毛布に包み、家路を急ぐのでした。

家に着くと、そっとベッドに入れやると、死んだように眠るのでした。
momosleeps.jpg

大人しいモモを見るのは、この日が最後になろうとは、その時は知る術もありませんでした。
2006.09.23 スケルトン
八月のある日

モモの様子が朝からちょっと変

いつもの元気がない

xunm.jpg
散歩に連れて行くと
いつものようにリーシュを引っ張るが
今日は異常なくらい「グイグイ」引っ張る

それに
なにやら芝生をやたらと食べているのに気付く
「拾い食い」という程度ではない

しばらくすると、突然吐いた
大量に吐いた

WEBで調べてみると
吐きたいときには芝を食べて
無理やり吐くそうだ

また、吐くことは普通で
特に心配することは無いそうだ

しばらく様子を見よう

image3558.gif

三日続いた

父ちゃん、母ちゃん
だんだん心配になってきた

またも、WEBで調べてみると
重大な病気の可能性もあり
手遅れの無いようにとも書いてある

どうしよう困った

病院へ行って、診てもらおう
その方が安心だ


「エー!病院行くの」
xem.jpg
でも、今は病院大好き!
先生や看護婦さん、とっても優しいの


先生の診断によると

このはしゃぎようで(お約束のジャンプアップ)、
病気の可能性は薄い(先生あきれ顔)

オモチャを飲み込んで
腸を塞いでいるのが原因かも

バリウムを飲んでレントゲンを撮った



xraym.jpg


結果は「異常なし」

次の日には、ピンピンしていた

白い「う○ち」をした

image3558.gif

ちょっと心配損(ビックリするほど費用はかかったが)だったが、
いい勉強になった
(保険も検討しよう)

この3日間、ご飯の量を減らしていたおかげで
これまで、偏食ぎみ(単にPicky)だったが、
ガツガツ食べるようになった
おかげで、今はウインナー体型さ


レントゲン写真のCDが
いい記念品になった

2006.09.23 犬も夢を見る?
モモが昼寝をしていると、なにやら足が動いている。

なんだか走っているように見える。

午前中に公園で一緒に走ったから、その夢でも見ているのか。

「夢の中で走ったからって、ごはん山盛りはないぞ」 (おかぁちゃんの呟き)

kif_3044_2.jpg

これはまだモモが小さい時の写真です
2006.09.23 久々の青空
ここ数日雨が降ったり曇り続きでしたが、久々の青空です。

img20060923.jpg


お気に入りの一つ Hull's Gulch で散歩をしました。image3619.gif
2006.09.22 交通事故
会社にいると、妻から電話。
声がちょっと興奮気味で、なにやら急ぎのようす。

「モモと散歩してたら、…事故!!困った

一瞬、モモが大怪我でもしたのかと焦りました。

ridgeback.jpg

←リッジバック




よく聞くと、ご近所の"リッジバック"がモモを見つけて猛ダッシュ。
走っていた車にぶつかって、怪我をしたとのこと。
住宅内なので車はおそらく20マイル位のスピードだったと思うので、犬の方がモモに気をとられて前方不注意で、自分からぶつかった見たいです。

後の顛末は分かりませんが、モモもリスなどを見つけた時は猛ダッシュするので要注意です。
女性の力では、リーシュをしていても持っていかれますので、ホルター(Halter)は常に要着用かも。
最近ブログを書く人が私の周りに多くなり、興味本位に「ちょっとやってみようかな」と思い立ちました。
主な内容は表題にあるように、生まれて初めて飼った子犬「モモ」との奮闘記です。
初めてづくしなので、何時まで続くやら。
Labor Day などの都合で2週間あきましたが、アジクラスの四日目に月曜日に行きました。
その日やったのは:

1. Sit
SitしてOKするまで、モモの周りを私があちこち動きまわっても、じっとして足を動かさないようにすること。 まあまあ出来たかな、先生に褒められました(モモえらい!)。

2. ヒール
2本のポールの間を、8の字を描いてヒール。 歩きながら真ん中でサイドを変えるのがポイント。 人が常にポールの内側に来る。 これまでずっとモモを左につけるようにしていたので、その弊害がちょっと出た。 アジでは左にこだわらず、両方出来ないといけない。 手のひらタッチを駆使して、ようやくヒールが出来た。 サイドを変えるときに人のステップが重要なのだが、それどころでは無かった。

3. スタートダッシュ
先生がモモをスタート位置で抑えて、私がゆっくり前進。 OK!、GO!で素早くついて来る練習。 他の子はリーシュを離しても出来るが、モモはリーシュを離すと鬼ごっこを始めた前科があるので、リーシュの長さの範囲で練習。 いつになったらリーシュを離して出来るのか?

4. 180度ターン
サイドを変える。 まあ出来たかな?

5. 一緒に走る
歩くときは問題ないのだが、人がステップを始めるといきなり興奮してリーシュを噛んで首を振ったり、ジャンプアップしてしまう。 先生に相談するとリーシュを噛むのは問題ではなさそうで、リーシュを長くして練習し、興奮しそうになったらSitさせる、とのこと。

6. 障害物
はしごを地面に置き、またぎながら歩く。 ぜんぜん問題なし。 へっちゃらでした。
今週は夜勤です。 午前中、妻は学校に行っているのでモモと留守番をしています。

遅めの散歩を済ませ、モモがオモチャにしているロープがなくなっている(噛んですぐにぼろぼろになるので)のに気づき、突然、買い物に行くことにしました。
行き先は、ペットショップでは無くアウトドアショップです。 このお店は、犬同伴可です。
先日ためしに買った登山用のロープが丈夫で比較的長持ちするような気がして、また利用しようと思いました。 値段も40㌣/feetと手頃(?)です。 タグトイも過去何個か買ったことがありますが、数日でぼろぼろになり使い物になりません。

それともう一つ買いました。 登山用の頭に付けるライトです。 LEDで軽いやつです。 これから冬になり日が短くなると、朝夕の散歩には必須です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。