上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22(土)と23(日)、ティームモモの住んでいるボイジーの隣町、ナンパで行われたNADAC競技会に行ってきました。

場所は余りいい思い出のない Birt Arena。

インドアで暑さはしのげていいのですが、以前、練習会でシーソーが嫌いになったところです。(過去の記事はこちら←をクリック)

NADACではシーソーがないし、モモさん、あのことはずっと忘れていてね。



1.Hoopers1 失格 コース間違い

Hoopersは初めての競技。

ナバスの人はルールがよく分からないので、走る前に説明を受けました。

コースはこんな感じです。

AG090822HP1.jpg
クリックすると大きくなります


STARTの上にある4つの青いフープと、その左に番号のついたシーケンスが二つ、右に番号をかいていないシーケンスが一つあります。

各シーケンスでテストを行いますが、テストを受ける権限を青いフープを何個かくぐることにより得られます。

STARTしたら青いフープを3個くぐり、どれかのテストシーケンスを走ります。

次に青いフープを2個くぐり、二つ目のテストシーケンスを走り、FINISHします。

ナバスではテストは二つ、オープンになると三つになり、エリートになるとシーケンスが難しくなります。



「Good Luck」の合図でカラーを外すのですが、とうちゃん、何を間違えたかリーシュだけ外して走り出そうとし、注意されて慌ててカラー外しました。(汗)

緊張してたのかな。

んで、こんなややこしいルールを考えながら走ったのがこれです。







初めて走ったわりに、「やったー」とゴールしたんですが…

結果を見に行ったら「失格」になっていて、「なんでー」状態。

とうちゃんのそんな顔を見て、同じアジクラスの人が教えてくれました。

□番号のシーケンスを逆に走ったようです。

モモさん、ごめんね。






2.Tunnelers1 失格 コース間違い

スタートのストトン(青)直後に左に曲がって黄トンに行くのですが、曲がれずまっすぐに行ってしまいました。

この手のパターンに、よく引っかかります。

青トンネルよりも前に出ず、後ろから呼んだ方が良かったのかな。










3.Tunnelers2 Q 

途中、水色トンネルに顔をつっこんで、「これも失格か」と気落ちしていたら Q でした。

ぎりぎりセーフだったようです。 それともおまけ?










4.Weavers1 Q

一箇所トンネルに吸い込まれそうになったけど、辛うじてQ。

それにしても、モモさん遅い。

手抜きですか?










5.Weavers2 Q

一応Qなんですが、それにしてもお・・そ・・い

散歩の時のほうがよっぽど速いような気が...

最後の直線だけですね、走っているの。










6.Touch&Go1 失格 コース間違い

スタートしてフープ後、左に曲がってドッグウォーク(DW)が正解なんですが、まっすぐのAフレに行ってしまいました。

DWの横にはトンネルもあり、どうやってハンドリングしていいのか分かりません。

コース間違いしたのが原因か、モモさん集中力が落ちてきて走るの遅いし、コンタクトも怪しくなってます。










今、最大の問題点は...


お そ い



今日はそんなにも暑くなかったし、原因はなんでしょう。

 暑い

 手抜き

 リング上ではトリートが出ないのが分かっている

 コース間違えるのいやなので、ゆっくり走る

 アジは楽しくない

 他のワンコ(人間)が気になる



モモさん、何がご不満ですか?

ちゃんと走ってください。


二日目に続く...さらに遅くなってます。



スポンサーサイト
一昨日と昨日、ボイジーの隣町、ナンパで開催された競技会に参加してきました。

結果は以下の通り。

22日(土)

1. Hoopers1、失格、コース間違い
2. Tunnelers1、失格、コース間違い
3. Tunnelers2、Q
4. Weavers1、Q
5. Weavers2、Q
6. Touch&Go1、失格、コース間違い

23日(日)

7. Touch&Go2、失格、コース間違い
8. Touch&Go3、失格、コース間違い
9. Weavers3、Q
10. Weavers4、Q
11. Tunnelers3、失格、タイムオーバー
12. Hoopers2、Q


6個のQをゲットしましたが、内容は素直に喜べないものでした。

詳しくは後ほど...


先週の日曜日

NADAC競技会を視野に入れた、オープンプラクティスがありました。

場所はティームモモには始めてのところ、Mary先生の近くのイーグル市です。

着いたところは、豪邸に隣接しているフロントヤードがアジリティー専用リングになっていました。

芝生もよく手入れされていて、スプリンクラーの水がまだ溜まっていたけれど、それも朝のうちだけでコンディションは最高でした。

気温はお昼になるにつれ上がってきましたが、まずまずといったところでした。

最初は、「タッチ&ゴー」と呼ばれる、登り物とトンネル、フープの組み合わせ。


コースはこんな感じです。


09081601.jpg
クリックすると大きくなります


トンネル後の呼びが遅いとうちゃん、今日は何度も失敗しています。

⑦は明らかに遅かったんですが、⑪後はモモの出てくるスピードが思いのほか速いです。





コース間違いは概ねハンドラーの責任だと思うので、失敗してもできるだけ失敗した事が分らないように、あたかもそうハンドリングしたようにしています。

「失敗した」と、とうちゃんが思うと、モモが落ち込むんです。

モチベーション維持のために、しばらくはこの方法で行こうかな。








次は、逆走のコース。

一部、フープがトンネルに変わっています。

09081602.jpg
クリックすると大きくなります


以前、とうちゃんの呼びが遅く、⑫の直トンネルから⑬フープに曲げられません。

でも、モモさんよかったですよ。






最後に、トンネラーズ。

今日は、くっ付かないようなハンドリングを心がけて、「OUT/HERE」を使った遠隔気味を目指します。

動画をみると、そんな風にはみえませんがね。



09081603.jpg
クリックすると大きくなります






今日のモモさん、よくできました。

お疲れ様。


アジリティー競技中、ワンコはハンドラーに集中しその指示に従って障害物をクリアーしていかなくちゃいけません。

でも、その集中が途切れたときには、ワンコは指示を無視して色んなことをします。

審判のところに挨拶に行ったり(モモは経験あり、恥)、関係ない物体に興味をそそられフラフラと匂いを嗅ぎにいったり(これも経験あり)...

ということで、競技の邪魔をするように人がコースの中に立ったり、先生がプールを見せびらかしたりして、今日はそこに行かないように練習しています。



09081001.jpg


そんな関係ないものの中に、昔懐かしいフラフープがありました。

ちょっと息抜きに、みんなトラーイ。



09081002.jpg



先生もチャレンジしてました。


09081003.jpg



とうちゃんも、後からこっそりやって見たけど、昔のようにはいきません。



09081004.jpg


家に帰ったら、腹筋がイタイ。

2、3日の間、お腹が痛かった。

むきになってやるもんじゃないですね。

でも、腹筋を鍛えるのに買おうかな...


先週の教室、71日目のアップはサボっていますが、そのうちね。

数日前からの雨で、気温はぐっと下がってワンコ達にとっては嬉しいね。

今日も朝から雨で、小降りになったり強くなったり。

でも授業中にはだんだん暖かくなってきました。


今日のコースはこんな感じ。

09080802.jpg
クリックすると大きくなります


コース全部を走る前に、三つのパートに分けて練習。


初めは、⑭ロングジャンプから⑳のフィニッシュまで。

⑮ジャンプ後のFCで大回りしたものの何とか最後までいけました。


次に、⑤ジャンプから⑬スラまで。

⑦ジャンプ後のRCのコマンドが中途半端だったのか、モモさん目の前に置いてあったAフレに直行。

2回目のトライでは、⑫ジャンプ後の呼びが弱かったのか、トンネルに吸い込まれていきました。

3回目にしてやっと、成功。


最後のパートが、今日、一番難しかったです。

③ジャンプ後にFCして逆トンなのですが、何度もモモさんトンネル出口に入っていきました。

とうちゃんのFCの仕方は、腰を折ってお辞儀をしたような形をとっているんですが、それではワンコに圧迫感をあたえるようです。

授業中は、時間がなくいろいろと試す事ができませんでしたが、帰ってから復習してみたら、背筋を伸ばしていた方が素直に行きそう。

このことは、以前から先生に何度も注意されていたんですが、いまひとつ実感が湧かなかったんですが、今回やっと理解できたような気がします。(反省)

暫くは、このこと忘れないようにしなくっちゃ。


んで、最後に通しで走りました。

オモチャを手に持っているので反則ですが、モモがちゃんと指示手についてくるように練習です。







トンネルから出てくるのが遅く、出てきてからちょっとビッコ。

走っている時は、トンネルの影になってこのことは気が付かなかったんですが、トンネルの中でつまづいたのかな。

過去に手術した右手のようなので、ちょっと気になります。


昨日から、雨や雹(ひょう)が振ってくる変な天気が続いているボイジー地方。

最高温度も90度Fから100度Fもあったのが一気に60度まで下がりました。

最高気温が90度もあると、会社から早く帰ってきてもとても外で走り回れるもんじゃありません。

この変なお天気のおかげで、思いっきり練習できました。

濡れるのも嫌いなモモさんですが、霧雨くらいなら我慢できるよね。



遠隔操作の導入編、「Out」と「Here」の練習してます。

NADACでよく出てくる、二つ並んだ障害の識別や、距離を求められるチャンシズなど、苦手な種目を強化するためです。

昨日は、トンネル後、二つ並んだジャンプの識別。

今日は、ジャンプ後の、トンネルとスラの識別をやりました。

いつもの公共の裏庭で準備をしていると、隣のガキお孫さんが

「なにしてるの」と興味津々。

モモを出して練習初めても、暫くそばで見てました。






さて、二日目。

最高気温は、昨日よりさらに高そうな予想。

モモ大丈夫か?

疲れてないか?



第二日目


1、ジャンパーズ2・オープン Q 1席/5頭中 30.05秒 4.66YPS

気温のまだ低い間に、これまでの記録から比較的無難にこなしているジャンパーズ。

是非ともQを取りたい。

スピードはボーダーみたいにはないけれど、落ち着いて無難にトラップを回避。

Qゲットしました。







2、チャンシズ・ナバス Q

この競技、苦手なんですよ。

赤い線が引いてあって、「そこから出ちゃいけない」ってやつです。

過去の戦績、1勝5敗。

午前中のまだ気温が上がりきらないうちに、ここはなんとか取りたいです。

スタート前までクールジャケットを着ていたので、スタート地点でブルブル。

トンネルの後、上手く二つのジャンプを遠隔で跳んで、その後Aフレに行きそうになるモモを必死に呼んで、ぎりぎりセーフ。

みんなに褒められましたよ。

結果をみると、18頭中3頭のQ率。

失敗したワンコの殆んどは、トンネル後の二つ目のジャンプに行けずハンドラーに近づいてくるというものでした。







3、レギュラー3・オープン 失格

時間は午後2時ごろ。

気温もピークになろうとしていました。

09080201.jpg

日陰でも95度(35度C)。

クールジャケットと扇風機を総動員しても、モモを快適にすることは無理のようです。

競技中も集中できずに、あっちにフラフラ、こっちにフラフラ。

フラフラしている時に、余分なフープをくぐって失格です。







4、レギュラー4・オープン 失格

とうちゃん、必死にモモを元気付けてなんとかスピードアップをはかります。

その甲斐なく、惜しくもジャンプバーを一つ落として、Qならず。







5、ウィーバーズ・ナバス 失格

得意のスラのはずなんですが、お恥ずかしい。

モモさん、辛抱できずにやってしまいました。

出走前にリーシュをやけに引っ張り、日陰に入ろうとしていたのは、ウ○チがしたかったんですね。

モモさんごめんね、気が付けずに。

っということで、我慢しながらのスラでした。






6、トンネラーズ・ナバス Q 2席/13頭中 25.83秒 5.19YPS

今回最後の競技になりました。

これをとらないと低く設定した目標の6個にも到達できません。

なんとしても、取りたいところ。

時間は6時半。

幾分涼しくなってきたので、モモさん頼んだよ。







長い二日間でした。

移動日もいれると、4日間。

暑い日の遠征・競技会は疲れます。

来年はちょっと考えようかな...





ここでちょっとNADACの競技について解説します。

NADAC(North American Dog Agility Council)の競技はAKC(JKC)の競技のようにテクニカルなものは少なく、どちらかというとスピード重視。

障害物間の距離も長めで、遠隔操作が要求されます。

ティームモモはまだナバス(初級)なので、遠隔操作はできませんが、エリート(上級)のティームは信じられないような距離でコマンドを出し、ワンコはそれを理解して走っています。

今回の競技会の主催者であり、インストラクターであるLinさんです。

他人の動画を失敬しました。




こういうのが目標ですが、実現するのに何年かかるのか、実現できるのか???




障害物

スピードを重視しているためか、NADACにはシーソー、テーブルがありません。

シュート(ソフトトンネル)も、嫌いなワンコが多いからか、ありません。

フープと呼ぶ、わっかくぐりがあります。

ジャンプもウィング付きや、ダブル、トリプルなども、見たことが無いですね。




障害の拒絶

NADACには、拒絶は失点にはなりません。

時間をロスするだけで、そのまま続行できます。



Q(Qualify) 合格

NADACは順位を競うというよりも、そのコースを失点なくクリアして、ポイントをとることが目的です。

ポイントが溜まってくると、タイトルがもらえます。

失敗すると、いくら完走してもポイントはもらえません。

クリーンランしたときのみ、Qポイントがもらえます。

クリーンランしないと、いつまでたってもゼロポイントです。

競技会は、金曜日の夜と、土日の計3日間行われましたが、とうちゃん達は週末の二日間だけ参加しました。

金曜日には3時ごろカーソンシティーに到着。

場所の確認と雰囲気に慣れるために、金曜日の競技もちょっと見学。

並んでいるタープの数を見ると、前回に比べなんだか参加数がとっても多い。

タープを立てる場所も、木陰のある良いところは全部ふさがっていました。

こんなことなら、もっと早く来るんだったは、後の祭り。

リングは見えないけど、多少でも木陰のあるところにタープを仮設営して、早々にホテルに引き返し休養をとることに...





第一日目


1、チャンシズ・ナバス 失格 障害間違い

遠隔の部分が、トンネルを出て直ぐに遠いほうのジャンプを跳ぶ、という前回のリノでのパターンと同じ。

こういうパターンは全く練習する機会がないので、突然できるわけもなく、あえなく撃沈。

でもその前に、スタートのトンネル直後のフロントクロス(FC)で後ろを取られて、いきなりメロメロです。







2、レギュラー1・オープン Q 1席/5頭中 32.83秒 4.33YPS

今回、ナバス(初級)からオープン(中級)に昇格したので、ちょっと難しくなっています。

危ないところもありましたが、DWとトンネルの識別も上手くこなし、Qゲット。






3、レギュラー2・オープン Q 2席/5頭中 39.36秒 3.61YPS

レギュラー1の逆走版。

だんだん暑くなってきて、モモさんドヨヨーン。

得意のはずのスラを失敗。

でも、この暑さの中では想定内です。








4、タッチ&ゴー1・ナバス 失格

この頃、気温は94度(35度C)。

モモさん、日陰から出てきません。


フープ(輪)の後にDW下のトンネルなんですが、真正面のトンネルに吸い込まれそうなのを辛うじて呼び止められた...と思ったら、DWに行っちゃった。

とうちゃんがもう少し落ち着いて処理すれば、なんとかなったはず。

その後はもう滅茶苦茶、逆トンするは、トンネル横のAフレに登るは、メロメロでした。







5、タッチ&ゴー2・ナバス 時間切れ

タッチ&ゴー1の逆走です。

夕方5時過ぎてましたが、まだまだ暑い。

モモさん、とろとろモードで集中力なし。

とうちゃん、必死に元気つけようと頑張って、コース間違いはなかったけど、4秒弱タイムオーバー。







6、ジャンパーズ1・オープン Q 1席/4頭中 24.76秒 4.52YPS

もうすでに夕方の7時を回っています。

風も強くなってきて、随分涼しくなってきました。

今日、まだ二つしかとってないQ。

ここで、もう一個とって勝率5割に戻したいところです。

過去の経験から、ボックスを斜めに跳ばないように引き付けを十分に、というのを頭において...やったー、Qゲット。







モモさん、暑いなりによく頑張りました。

帰りは8時半を回っていて、スーパーでデリ買って帰って、寝たのは10時過ぎ。

明日は更に暑くなりそう。



第2日目に続く...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。