上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.29 赤い糸
かあちゃんのワンコが欲しくて、随分前からあっちこっちのレスキューサイトを訪問していて、ちょっと可愛い子がいると「ねえ、見てみて」と、よく寝ているとうちゃんは起こされた。

未来はPacific Northwest Border Collie Rescueからきました。

その時の名前はWinken。

3匹兄弟の一匹です。

何故だか、その中のWinken以外の2匹はアイダホのキャルドウェルのサイトで、

Winkenはオレゴン州のオンタリオのサイトで保護されていました。

キャルドウェルの2匹は、男の子と女の子。

まず連絡を取ったのはこのサイトで、申し込み書を提出する前にフォスターママに電話したんですが、その時点で男の子はペンディングになったと、既に飼い主が決まっていたようです。

「もう片方の女の子は」と申し込み書を提出するまえに、かあちゃんに相談すると...

「オンタリオの子の方が、なんだかいいような気がする」と、選択権のあるかあちゃんの意見。

オンタリオは隣のオレゴン州ですが、距離的には車で一時間とボイジー圏内。

今度は早速申し込み書を提出しました。(オンラインです)

提出後、注意事項やらなにやら、いろいろ細々したページが現れ、その中に...

バックヤードのフェンスは、仔犬が逃げないように穴があったり、飛び越えられないようでなくちゃだめ。

家の状態も視察にくるようで、この時...

「うちのヤードは狭いし、フェンスなんてものがない。」

「Winkenはパピーなので、申込者もいっぱいいるから、おそらく書類選考でボツだな」

と思っていました。

とりあえず、フォスターママに電話することになっていたので、電話すると...

「ハーイ、マイケル(とうちゃんの名前)。 私あなたのこともモモのことも知っているわよ」

「ビギナーコースの時に、モモはよく逃げ回っていたわよね」

とうちゃんは誰だか思い出せないけど、日本人なとうちゃんと、逃げ回るモモのおかげで、きっと印象にのこっているに違いない。

「マイケルのところには、フェンスがないのね。」

と、やはりこれは相当なマイナスポイント。

「この子は、もう一箇所別のレスキュー団体にも出ているので、そこに提出する用紙も書いてね。」

とのこと。

そして次の日のメールに、「今度の日曜日にWinkenを連れて伺いたいけど、ご都合はいかが...」

「モモは一人っ子だし、彼女にも気に入るかどうか聞かないとね。」


もうびっくり。

可能性があるんだ。

でも申し込み書には、苦し紛れに「必要なら、フェンスをつけます」と書いたので、家を見に来たときに、そのあたりを指摘されるかな、と

そして土曜日に日曜日に来る時間を連絡してきた電話で、

「もし、問題がなければ、Winkenを別の日に引き取りにくる、それともそのまま置いていこうか?」

最初は、意味が理解できなくて、

「あのその、置いていくって、明日のこと?」

「えー、そうよ。」

たとえ決まったとしても、手続きやなにやらで数週間は先のことと、なんにも準備はしていません。

でも、もし決まったら置いていってもらうことにしました。

雰囲気、フェンスのことは無くてもパスしたような。

こうなったら後は、モモが最後の決定をすることになりました。

モモ、頼みましたよ。

そして日曜日。


09092801.jpg


ご対面は、家の裏の公共の場所でした。

30分くらい、みんなでモモとWinkenの反応をジット見つめていたでしょうか。

モモは、あれだけ頼んでいたのに相変わらずガウったり、ウーっ言うし、気が気じゃありません。

それに引き換えWinkenは、ビックリして一旦はフォスターママさんのところに引き下がるけど、またモモの方によってくる。

モモもだんだん慣れてきて、なんとか喧嘩にはならず、辛うじて一次テストはパスしたようです。

今度は、家の中でモモとWinkenの反応を見ました。

モモは、自分のクレートや、Winken用に準備していたクレートにも入って、

「これは全部アタイの」

と言わんばかり。

ここでも30分以上、様子をみていたでしょうか。

モモは、「気に入らないけど、しょうが無いわね。 ほんの1週間ほど我慢すればいいんでしょ」という感じ。

フェンスもなく、こんなモモの対応ですが、何とか合格したようです。


申し込みから未来がうちにくるまで、たったの4日間。

なぜこんなにスムースにいったかというと、

フォスターママが僕達のことを知っていたから。

参考人として、アジ教室の先生と、オビ教室で一緒に習っていて自分でも教えている人を申し込み書に書いていたから。

その二人に連絡したところ、押していただいたようだ。


もし、フォスターママさんが僕達のことをしらなかったら、書類選考で不合格になっていただろうに、そうしたら恐らく二度と申し込みはしなかったと思います。

かあちゃんが、オンタリオを選んで、僕達を知っているフォスターママさんがいた。

そんな偶然が...未来とに赤い糸を感じます。



スポンサーサイト
突然ですが...




家族が増えました。




名前は...




「未来」みらい




女の子です。








09092701.jpg



明日から忙しくなるぞ。



スーパーなどで無償で配布されている広告新聞、Boise weekly。←Webサイトもあるんですね。知らなかった。

かあちゃんは毎週、なにか面白いものを見つけるのを楽しみにしている。

今回見つけたのは、「Lamb and Wool Festival」。

場所は St. Chapellaワイナリー。

羊の剪毛や、毛糸をつむいだり、のデモが見れるようだ。

さらに、ワンコが羊をハーディングするのも見せてくれるようだ。


最近、編み物にはまっているかあちゃん。

ハーディングワンコを見てみたいとうちゃん。

羊に興味があるモモ。

と、3人とも意見が一致して、行ってきました。


入場料は一人$5。

モモは無料。



入ると早速、羊さんの毛を刈っていました。

09092001.jpg

この羊さん、じっとしてないもんだから、おじさんやり辛そう。

虎刈り気味で、血ー出してました。



かあちゃんは、なにやら物色中。

09092002.jpg



のどかに、毛糸を作っています。(スピナーっていうんですか、これ?)

09092003.jpg



ハーディングが始まりました。

興奮するモモを抑えながら、プロのハーディングのお手前拝見。

09092004.jpg



モモさん、割と大人しくしているなと、思ったら...





「アタイもやりたいー!」と猛ダッシュ。 血が騒ぐのか。

危うくリーシュを放してしまうところでした。



お昼は、ローカルバンドのウエスタンを聞きながら、いただきました。

シュレッドしたラム肉(なんて言うんだっけ)のハンバーガーと、豆、マカロニサラダが付いて$5。

デザートまで付いてます。

せっかくワイナリーに来ているので、ワインも少々。

これがなんと、ボトルで$7。

ちなみにグラスだと$4なので、当然皆さんボトル買いです。

09092005.jpg


綺麗に整備された芝生の上で、写真を撮るのも忘れて食べてしまうほど、なかなか美味しかったですよ。


09092006.jpg


あ、最後にワイナリーのテイスティングルームはこんな建物です。

09092007.jpg


またこよっと。

USDAA競技会のコース図をアップしました。

二日目です。



5.ギャンブラー2   失格


AG090913GM2.jpg


スピードは、最近のモモの心境からするとまずまずでした。

コース図がないと分らないけど、クロージングのシーケンスが難しく、これを取らないとQしません。

後日、コース図アップ予定

んま、もっともオープニングをガンガン走れれば、充分ポイントを稼いでQすることもできるでしょうけど、今のモモの速度ではちょっと無理です。









6.スタンダード2   Q


AG090913ST2.jpg


モモさん、まずまずの走りでQゲット。

スラを出たところで、とうちゃん危うく行き先を見失うところでしたが、なんとかゴール。









7.スヌーカー2    失格


AG090913SN2.jpg



またしてもスローモードに突入してしまったモモさん。

今回は謙虚に、Qが取れる最低点を目標にがんばったんですが、2秒足らずでクロージングの7点が取れず、Qを逃してしまいました。

最初のトンネルに入り損ねたのが痛いです。

といっても、普段の速度で走ってくれれば難なくQはとれるのに、この低いテンションはどうにかなりませんか、モモさん。









8.ジャンパーズ2  Q


AG090913JP2.jpg


遅いものの、辛うじてQゲット。

ほんの数秒を残すだけで、危なかったです。








今回の結果でモモのモチベーションが低いのは、暑いだけが理由ではないのが分りました。

モモがその理由を教えてくれれば...

例えば、

Qをゲットしたらトリートをもっといっぱい食わせろ。

とか、

週に一回は、晩御飯にステーキを腹いっぱい食わせろ。

とかだったら、直ぐにでも改善するので、お願いだからモモさん、一生懸命走ってください。


これからの練習は、技術的なことよりもメンタル中心になりそうな予感が...


後日、コース図をアップします。


随分間が空きましたが、先週の土日のUSDAAの結果です。

最高気温は9月に入ったというのに90度を超える予想。

でも、競技は半インドア。

直射日光がないぶん、そんなに暑くはなかったけれど、扇風機は必需品。





まず、第一日目

1.ジャンパーズ1  Q


AG090912JP1.jpg


まずまずの走りで、幸先よくクリーンランできました。

モモさん、この調子で頑張ってね。









2.スヌーカー1 失格

この場所はダートなんだけど、4、5センチ大の小石や小枝チップが混じっていて、ワンコにとってはとても良い条件とはいえません。

モモはスタート直前に、目の前に落ちている小枝のチップにロックオン。

一度は取り上げたものの、スタートしてからもそれが気になってまったくのノーコン。

結局棄権しました。

こんなの初めてです。

で、動画はなし。

まだ、そんなに暑くも無かったので、モモの「やる気ない病」は、暑いだけが原因じゃなさそう。

やっぱり、アジを好きじゃないのかな???





3.ギャンブラー1 失格


AG090912GM1.jpg


無謀にも、しょっぱなから高得点のスラを選んだとうちゃんの作戦が敗因。

テンションが高ければ得意のスラなんだけど、時間ばかり掛かって、結局カメラを回しているかあちゃんと目が合ったのか、抜けちゃいました。

結局、これが災いして時間内に規定のポイントがとれず、失格。









4.スタンダード1 Q


AG090912ST1.jpg


スタートは遅いものの、何とか走ってくれました。

なんか、いやいや走っているみたいですが、QはQ。

モモさん頑張りましたよ。







二日目に、続く...


昨日、今日とボイジーでは初めて行われるUSDAAの公式戦に参加しました。

今年の4月にUSDAA競技が試験的に行われました。

ティームモモはその競技会でデビューをしたのですが、惨憺たる結果でした。

苦い思い出をを見たい人はこちら

んで、今回の結果はというと...



第一日

1.ジャンパーズ  Q

2.スヌーカー    失格

3.ギャンブラー   失格

4.スタンダード   Q

第二日

5.ギャンブラー   失格

6.スタンダード   Q

7.スヌーカー    失格

8.ジャンパーズ  Q



Qの数を見ているとまずまずですが、実際は不甲斐ない結果に素直に喜べません。

続く...



2009.09.10 トライポッド
ここんとこ、写真よりも動画が多くなっているこのブログ。

どこに行くにもかあちゃんがハンディカムで撮ってくれます。

ある時は手に持って、あるときは三脚に付けて。

でも、これまで使っていた三脚は、コンデジ買ったときに付いてきたオマケみたいなもので、ビデオ撮影には不向き。

固定するネジを緩めても、ギクシャクするし...ってビデオ用じゃなんもんね。

ということで、デジイチが買えないのでせめてビデオ用の三脚を買いました。



09090401.jpg


これで、動きはスムース、片手でレバーを持ちながらリモコン操作も出来るという優れもの。

(というか、他の三脚のこと知らないので比較のしようがない。)



09090402.jpg


アマゾンで定価$100のところ、$72+フリーシッピング。

かあちゃん、少しは楽になるかな?

2009.09.02 公園デビュー
これまでアジの自主練といえば、うちのバックヤードと化した公共の場所でした。

モモにとって、きっとそこはモモのテリトリーに違いありません。

だから、そこでの練習はのびのびしているのだと思いました。

そこで考えて、もっとパブリックな場所で同じようにリラックスして走れれば、と。

近くの公園、といっても同じサブディビジョンの公園、でアジ自主練デビューしました。







まずは、思いっきりはしれる簡単なジャンプで、慣れてください。

でも、この後ちょっと、辺りを見渡すように警戒するそぶりがありました。

なにを怖がっているのか?

車、自転車、ワンコ??

モモさん、ここは安心して遊べる場所なんですよ。

さて、競技会の二日目。

最近、走る回数を重ねるたびに速度が落ちるモモさん。

かあちゃんが推測するに...

「失敗したときに、とうちゃんがガッカリした態度をとるので、それから後の走りが遅くなる。」

ということで、失敗してもそのまま突っ走る作戦をとった。

でも、失敗したら思わず「あっれ!」って言ってしまうとうちゃん。

どこまで、モモのモチベーションを維持できるか?


今回、動画を編集する時間がなかったので、撮ったそのままUPしてます。
無駄に長かったり、とうちゃんの顔が映っているかもしれませんが、見なかったことにしてください。




7、Touch&Go2 失格 コース間違い

早速、コース間違い。

その日の、最初の走りは速いんだよね。

おかげで、DW下のトンネルから次のトンネル(右が入り口)への誘導が間に合わず、コース間違い。

後は、何度も間違えるがスピードをなるべく落とさずに走ってみました。







8、Touch&Go3 失格 コース間違い

スタートダッシュ、よし。

いつも、このくらいのスピードで走ってくれたら申し分ないんだけど。


黄トンネルから、青トンネルが正解なんだけど、DWに行っちゃった。

とうちゃんの検分が甘くて、呼びが弱かったと思います。







9、 Weavers3 Q

スタートからいきなりチンタラモードに突入してます。

スラはちゃんとできているものの、まるでスローモーションを見ているようです。

速いのは、ゴール直前のトンネルだけ。







10、 Weavers4 Q

Qは取れたけど、いいとこなし。







11、 Tunnelers3 失格 タイムオーバー

とうとう、遅いのが響いて失格になってしまいました。

コース間違いはないのに、標準時間の 38.38秒に 5秒以上も遅い 43.69秒もかかってしまいました。

モモさん、もっとまじめに走ってください。







12、 Hoopers2 Q

今回、最後の競技。

これを取らなきゃ、低い目標のQゲット6個が達成できません。

なんとかQを取りたいので、とうちゃんが思いっきり走ってモモを引っ張る作戦。

モモよりも、とうちゃんの方が砂煙を一杯上げて走っています。







アジの先生方に、モモの遅い原因は何かと尋ねたら、どの人も「CONFIDENT」との答えが返ってきました。

でもな、それだったら最初の走りも遅くなってよさそうだし...

原因はよくわかりません。

モモさんに、そこのとろろを説明してほしいものです。

これからはだんだん涼しくなってくるので、それでスピードが上がれば「暑さ」が原因ってことになります。

そうであれば、原因がはっきりしていいんだけど...

「散歩怖い病」と関係しているんだったら、厄介です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。