上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年4月29日

四月がもう終わろうとしているのに寒さが戻ってきました。

一旦暖かくなってからの寒さは温度計よりも低く感じます。

この日は雨の合間を縫って、風も強かったかな。


2x2はちょっとお休みして基礎の練習。

ジャンプの高さはまだ8インチ。

とうちゃんの足は当然ワンコより遅いし、ちょっと走るとゼーゼーいうので遠隔操作は重要です。

未来にもハンドラーから離れても前を向いて走れるように、送り出しの練習です。







まずまずかな?

スポンサーサイト
2010年4月27日 ステージ7


Day3と同じ間隔でポールを置いて復習を少しして...

(この時点でとうちゃんは結構疲れています。)

今度はポールの間隔を1.2メートル(4フィート)狭めました。

ポールの開き角度はまだ2時8時。

ほとんどまだ、単にゲートを通るという感じです。







進入角度を90度以上にすると逆に入ったり、2セット目のポールに行ったりしてしまいます。

本来このステージ7で、ポールの角度を1時7時に回すのですが、未来の場合理解が充分じゃないと思うのでまだ2時8時。

もう少しこのステージに居残りですね。


2010年4月26日

Day2は2本の対になったポールを2時-8時の方向にななめに置いて、その間を通ります。

Day1と同じような動画なのではしょって、これが三日目です。



もう1セットのポールを追加し、5メートルほど離して置きます。

スラの進行方向に通ったときだけ、ご褒美。

動画の場合だと、一番左側の木を目標(人間の)にしています。

1セット通ったところでオモチャしたり、2セット続けて通ったらオモチャしたりしてご褒美の頻度を高く飽きさせないように。

いろんな角度から、ハンドラーの位置や動作もいろいろ変えます。







動画ではいいとこ取りなので、何も問題ないように見えますよね。

でも、課題があります。

一つ目は前回にも書いたけど、リトリーブできない。

二つ目は、失敗したときにもオモチャを待ってじっとしてるんです。



10042603.jpg



呼んでも来ないし(汗

しょうがないから、リーシュを掴んでやり直し。

2010年4月24日

未来、9ヶ月半。

まだクネクネするには体が出来ていなと思うけど、もう辛抱できなくなりスラローム(以下スラ)の練習はじめました。

といっても最初は2本のポールの間を通るだけで、一歳になるころにクネクネしていると思います(期待)。


スラの練習方法にはいろいろあるようですが、2008年暮れにスーザンギャレットさんの2x2メソッドのことを知り、モモのエントリーに苦労していてこの方法を使って見たらすごく上達しました。

未来にはそのメソッドを最初から導入してみます。

この方法が未来に適しているか、今後が楽しみです。




下の動画は未来にとって初めて見るポール。

2x2といっても最初は2x1のポールの間を通る練習からです。

未来自らポールを通るように、ポールを見たらC/T。

一歩進んだらC/T。

トリートを投げるので、トリートを見つけやすいようにコンクリートの上で練習してます。







はじめはうちは、「なんだか分からない」って感じでしたが...

最後には自ら通るようになってきましたよ。

練習は2、3分で切り上げるつもりだったんですが、ついつい長くなって5分以上してしまいました。

練習が長くなるのは、とうちゃんの悪い癖(?)ですね。

ワンコが「まだやりたい」と思っているうちに止めると、次の練習ではモチベーションがより高くなるそうです。







同じ日の夕方、未来はポールの間を通ることを理解しているようなので、場所を芝生の上に変えてみました。

未来はトリートよりもオモチャのほうが大好きなので、より積極的に動いてくれます。






オモチャはスラ(まだ2本ポールですが)の進行方向に投げます。

未来はまだリトリーブできないので長紐つきですよ。(汗

2、3日前のこと。

いつものように2ワン揃ってボールフェッチに近くの空き地に連れて行ったときのことです。

未来は柱に繋いで順番待ち。

モモだけだと、持ってくるのが随分早いです。

この空き地はサブディビジョンの一部。

人通りは少ないのですが、遊歩道が通っています。

一投目、二投目とスムースに行って、三投目のボールを投げてモモが取りに行ったとき、

遊歩道を自転車が通りました。

別に自転車がなにをするわけでもなく、自転車の人が悪いわけでもなんでもないのですが、

モモにとってはとっても怖かったようです。

ボールを取らずに素通りして、そのままどこかに行ってしまいました。

呼んでも返ってこず。

「おそらく、家に帰ったのだろう」と、そんなには心配しませんでしたが、こんなことは初めてです。

順番待ちしていた未来を連れて家に帰ると、モモはガレージの前で横になって待っていました。



ここ最近の散歩は、遠くへ行けなくなっています。

中庭にいても、外を通る自転車を見ると家の中に入ったりと、自転車に対する恐怖感が増しているような感じです。


数日前からやっと重い腰を上げて、自転車慣れ練を始めました。

とうちゃんがモモを連れてガレージ前に待機。

かあちゃんが自転車を押して、歩道を歩いてきます。

とうちゃんはこの間習ったB.A.T.の方法を使い、自転車から目を逸らしとうちゃんのほうを見たらクリック、自転車から離れます。

かあちゃんはモモに近づいたら、トリートを投げて自転車は美味しいものを運んでくるんだよ、と言う印象を与えます。

でも問題は、モモは初めからかあちゃんが自転車を押しているを知っているので、これが効果ありなのかどうか??です。

だってモモの様子見てても全然平気なんだもん。

だれか知らない人がやらないと、効果ないんだろうな。

でも、他人にこんなこと、それも毎日なんて頼めないので、この方法で暫く続けてみようと...

「継続は力なり」というしね。


うちのバックヤード...

といってもコモンエリアを自分ちのように使っていますが、

南向き。

でも、大きな松の木があって日差しが殆んど入ってきません。

夏は涼しくていいんですが、暑くてもいいから「もっと太陽を」と思っていたんです。

そんなとき春の公共の木の選別で、「この松切ります」って言ってくれて大喜びしています。



10041602.jpg



これで凄く見通しが良くなって、日差しが一杯入ってきました。

他の木も数本バックヤードから消え、アジ自主練のフィールドも若干広くなりました。



10041601.gif



これで、もう少し複雑なコンビネーションも練習できるぞ。

2010年4月23日

何回か練習していると、やっとのことでリアクロスができるようになってきました。

まだ手だけのシグナルだと弱いのでオモチャで釣っている感じですが、まあ今のところあ良しとしましょう。






練習の途中、お隣のヴィラさんが見学していて、それを見つけた未来はワンワンとうるさい。

最初は警戒吠えだったんだろうけど、途中からヴィラさんだと分るとヴィラさんにジャンプアップしながらもなおワンワンいってました。

未来のワンワンは、警戒吠えでも、嬉しくて吠えてるのも同じ。

モモに喧嘩売るのも、遊びに誘うのも、同じように唸ってワンワン。

わかりづらいです。

2010.04.21 B.A.T.
2010年4月10日

未来が9ヶ月になりました。

この日、「Behavior Adjustment Training (BAT)」のセミナーに行ってきました。

このところずっと天候が悪く雨続きだったのですが、この日は日頃の行いが良かったのか、暑くもなく寒くもない曇り空で、ワンコにとっては絶好のコンディションでした。

未来はセミナーのデモ犬として連れてきているのですが、出番がくるまでは車の中で待機なので、この日の天候はほんとに良かったです。

いつもだったらビデオ撮りして記録しておくのですが、今回のセミナーは撮影禁止。

後からDVDが販売されると聞いていたのですが、カメラマンの腎臓癌がわかり急遽これなくなってしまいました。

てことで、いっさい画像がありません。(涙



このセミナーでは、他の犬に対しアグレッシブで吠えてしまうワンコに対する対処法を習います。

9時から4時と長いセミナーなんですが、ずっと英語なもんで頭がオーバーヒート。

30%くらいしか理解できなかったかな。(汗



このメソッドは、他の犬を見てワンワンする行動を、その犬から目を逸らすという行動に置き換えることかな。

犬を見た → 吠える → 犬が/自分が遠ざかる

というのを、

犬を見た → 眼を逸らす → 自分が遠ざかる


に変えていくということです。


この遠ざかるというのがポイントですね。

それと、ワンコが他の犬を見ても吠えない距離にいることも重要です。

この距離をThreshold(閾値)と言っていました。

具体的に言うと、ワンコがThresholdを超えないところで他の犬を見つけたら、そこで止まりワンコの行動を観察します。

ジッと犬を見つめることから、ふと視線を逸らせたら「マーク」(クリッカーとか、Yesとか、よしとか声を掛けること)して、その犬から離れます。

リーシュは緩いままのほうがいいです。

この「離れる」というのがリワード(ご褒美)になるのですね。

緊張が張り詰めているところから離れて、リラックスできるからですね。


もし、Thresholdを超えてしまってワンコがわんわん吠えてしまったら、その時は直ぐにその犬から離れます。

マークもご褒美もなにもなしです。


こいう事を繰り返し練習していくと、そのThresholdの距離をだんだん狭めていくことができるようになり、最終的に接近しても安心感を得られ吠えなくなるようです。



午前中のセミナーが終了し、お昼休みの後、やっと未来の出番がやってきました。

んで、デモ犬としての未来の様子はどうだったかというと...

とってもいい子でした。

オーディションの時や普段の未来とは別犬のように、いい子すぎでした。

最初はデコイ犬(おとり犬)に40メートルくらいの距離まで近づいて、振り返ったらクリック、小走りに離れてご褒美。

だんだん近づいても、ちゃーんと吠えずに、振り返りました。

最後には1メートル以内に近づいても、なんにも吠えませんでしたよ。

普段通りにしてくれないと、普段、どうしていいか教えてもらえないじゃないかよ。

未来はここをトレーニングの場所と思っていたのかな。

アジ教室とは場所は違えど芝生の上で大勢のギャラリーが見ている中、普段のストリートモードとは違ったようでした。

他の人からも、「なんでこの子が問題犬なの? とってもいい子じゃない。」と言われちゃいました。



このときにいい子でも、帰ってから散歩の時はいつもの未来に戻っていて、ギャンギャン、ワンワン言ってましたよ。


5月になったら補習授業があるようで、そこでビデオ撮りをしようと思っています。

2010年4月15日

だんだんジャンプの台数を増やしても良くなってきたので、ボックスに配置したシーケンスを練習してみました。

まだまだ理解していないことも多いので、ジャンプを抜かすこと多し。

15分くらいの練習時間で、この動画が唯一成功しましたよ。







ほんとは、リアクロスを使ってもみたかったのですが、出来ませんでした。

もっと単品練習を重ねないとね。

2010年4月11日

まだ未来の骨格が出来ていないので、ジャンプの高さは12インチまでにしています。

この時は自作ジャンプのバーを外して、土台になっているバーで8インチの高さです。


モモと先に練習してから未来と交代しました。

待っている間、静かにしていてね。


と期待するのは無理で、モモが練習している間、未来はワンワンとうるさい。


まずはモモがお手本を見せる番ですよ。

未来に、こうやるんだよ、って見せてね。







次はリアクロスです。







そして未来。

未来が練習しているとき、モモは輪をかけてうるさいので音は消したほうがいいかも。







なんとなく、フロントクロスらしくなってきてますよね。

2010年4月17日

2月末に"Getting Started Class"から"Beginning Agility Class"に変わってから、更新をサボっていましたよ。

進級してから、この日で4日目、未来が教室に通いはじめて10日目になります。

クラスの他のワンコ達はみんなお兄ちゃんお姉ちゃんで、みなさんある程度スラもできるし未来よりもレベルが高く、未来だけ違うことをしてたんです。

他のワンコがジャンプのシーケンスをしているときに、未来だけ一人で一個のジャンプや2オン2オフの練習をしてました。

先生も他のワンコ達のほうに忙しそうで、ちょっと寂しい思いでしたよ。

でも今回は違いました。

スラを除いては、他のワンコ達と同じメニューをこなしていましたよ。



ドッグウォークを初めて渡りました。

始めは躊躇していたものの、ゆっくり歩く練習を何度かしていると、未来自らだんだんスピードを上げてきて、もう走れるようになりました。

2オン2オフも不完全ながら、満足できるレベルでしたよ。(目標値は低いけど)




10041701.jpg



そしてジャンプのコンビネーション。

いきなりサーペンティン。

これはまだ自主練でもしていないパターンです。

2台のジャンプでフロントクロス(FC)から始めて、3台でFC、4台でFC、そして動画のように出来ましたよ。

思ったよりも上出来ですよ。







だんだんアジリティーっぽくなってくるので、とうちゃん嬉しいです。

うちの隣にお住まいのヴィラおばさん。

モモがとっても大好きな人です。

モモにとっては、おばあちゃんみたいなものでしょうか。

ヴィラさんはモモを見かけると、仕事の手を休めてでもわざわざ寄ってきて可愛がってくれます。

モモもそんなヴィラさんがお気に入りで、この日もアジの練習中にヴィラさんが仕事から帰ってきたのを見つけて飛んでいきました。







モモはヴィラさんにジャンプアップするので、とうちゃんとしてはヴィラさんが弾みでこけやしないかと心配なんですが、そんな心配は必要ないようです。

昨年、ヴィラさんの可愛がっていた猫が癌でなくなり、ヴィラさんちょっと元気がないような感じでした。

モモはヴィラさんにとってはセラピー犬になっているのかな。

帰りは

遅い!!


モモと未来の運動不足の解消にと、雨の日も風の日も雪の日も、毎日遠投器を持ってきて遊んでいます。

でも二人一緒だと、なかなかスムースにことが運びません。

投げるとき、未来はアジの「スタートの待て」の練習を兼ねて側脚でシットさせていますが、モモはずるずると前のほうに行ってしまいます。(ずるい)

ということで、たいがいはモモがボールを取るのですが、帰りには未来が邪魔するので、真っ直ぐ戻ってこれません。

モモがボールを取りそこなったら、後から追いかけている未来がボールをゲット。

でも未来が取ったら、今度は持って来ないんですよ。

ってことで、とっても時間がかかっているボールフェッチです。


帰りが余にも遅いので、ほとんどがアップできるような動画じゃありません。

この時が一番早かったので、やっと見るに耐える動画です。







ご近所の多頭飼いの人で、2頭のワンコが代わるがわるボールを取りに行っているのを見ますが、どうやればいいのか???

未来はボールを持ってこないから、それを先に練習しなくっちゃ。

未来の自主練、やっとジャンプの基礎から始めていますが、

モモだってアジを止めたわけではなく、『いつかは競技会』と思って自主練してますよ。

いつもの場所で、木が多くてやりづらいんだけど、楽しんでますよ。







「モモ、かっちょいー!」(親ばか)


クリスチャンでもない我が家。

イースターなんて、周りがウサギやハイカラ(古い)な色に塗りたくられたタマゴで騒いでいるのには、なんら感心がなかったよ。

でも、おとなりさんのヴィラさんから、うちの白黒むすめたちにといただきました。

嬉しかったねー。

わざわざチョコレート屋さんまで行って来たようです。


10040401.jpg



未来は相変わらずワンワン攻撃してますが、どうも怖くて吠えてるんじゃなく、興奮しているのでしょうね。

ヴィラさんもそんな未来にも慣れてきたのか、とっても優しくしてもらいました。

モモはもちろんシッポをブンブンで、よしよししてもらいました。

ありがとう、ヴィラさん。




食うのはとうちゃんとかあちゃんだな。




ここ最近は暗い記事ばかりでしたけど、アジも練習してるんですよ。

アジ教室へも行ってますが余り目新しいこともしてないので、後からボチボチ記録していきますね。


ということで、今日はスタートの待てからのジャンプ。

こういうのをやってると、なんだかアジリティーらしく見えますね。



はじめは、ジャンプし終わってからオモチャを投げる方法。





次は、オモチャを先に投げておいてからリリースする方法です。




未来はオモチャを持つと、一人でどこかに持って行っちゃうんですよ。

オモチャを持ってると呼び戻しも効(聞)きません。

なので、オモチャに長いひも付けて、投げたオモチャでも取り返せるようにしています。

なかなかリトリーブは難しいです。

無理やりオモチャを取り上げると、取られるのがいやで余計に逃げが強くなるので、追いかけないように心がけています。


でも未来、けっこうやるじゃん。

甘い評価でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。