上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.30 こわごわ
自転車がとっても怖いモモさんですが、タミーさんのアドバイス『自転車を見たら、サープライズで一杯トリートをあげる。』通りにし始めて5ヶ月。

まだ自転車を見た瞬間にはシッポが下がりますが、少しのトリートでもになるようになってきました。

でもこのところの寒さで、手袋必須。

トリートをあげるタイミングがとんでもなく遅くなっちゃいます。(ごめんよモモさん)

んで、自転車に対する不安症は、波はあるけどよくなってきています。


それに反し、これも自転車に関連があると思うのですが、トレイルが大嫌い。

おそらく過去に歩いたトレイルで出会った自転車がとっても怖かったのだと思います。

本来なら楽しいはずのトレイルがモモさんにとっては、居心地のよい場所ではないのです。

どこか特定のトレイルではなくて、どこのトレイルでも、初めて行くトレイルでも、雰囲気がトレイルに見えたら、それはモモにとって嫌な記憶がよみがえってくるんでしょうね。

『おりれん』も不安症対策のひとつです。

これまで、モモにとって嫌な場所では車から降りることも出来なかったんですが、徐々に難易度を上げてきて、最近やっとトレイルの入り口の駐車場で『おりれん』の練習をしています。

そして、ある雪の降った翌日。

『おりれん』をしに行って、すこしチャレンジしてトレイルの入り口まで行ったら、モモさん、素直に入っていきました。

ほんの5分間程度でしたが、これにはとっても嬉しかったですね。

んで、タイトルの『ごわごわ』ですが...

モモの不安症のことではありません。

トレイルの下りに積もった雪がテカテカに凍っていて、恐るおそる降りて行くとうちゃんのことでした。


10113001.jpg


でも、数日後にまた行ったときには、運悪く、同じトレイルの入り口に差し掛かったときに、自転車が下りてきて、いっかんの終わり。

モモさん、トリートも食べられず、すごすごと車に引き返しました。

トレイル対策、どうしたものか。

なにかいい方法はないものですかね。


スポンサーサイト
未来と遊んでいるとエンドレス。

いい加減疲れてくるんですよね、こっちが。

んで、横になって片手でカメラを回しながら未来の相手をしてました。

そんな映像です。






今日は朝から雪。

アジ教室が未来と午前、モモと未来で午後の2回予定していたのですが、どちらもキャンセルのメールが入っていました。

このところサボり癖がついてしまったブログですが、アジの練習はゆっくりですがやってますよ。

今回は一気に、先週と先々週の2週間分ご覧ください。

いつものMary先生のところではなくて、CGCでお世話になっているJulie先生のところでの様子です。

未来には色んな場所に慣れて欲しいし、モモはこの場所ではすごくリラックスしているように見えるので、ちょくちょくこちらに通っています。



11月6日

さてモモさん...

黄色トンネル出口から見えるジャンプに一直線...だったのを、トンネルの出口でお迎えしてやっとの思いで方向転換できました。

モモはハンドラーの意思に反して、自分でコースを決めるところがあるので要注意。

素直なコースなら、遠隔操作しているみたいでカッコいいのですけどね。






こんどは未来。

未来はモモと違って、どちらかと言うとくっつき虫。

指示が遅れてどこに行ったらいいのか分からなくなると、振り返って近づいてきちゃうタイプです。

最後のジャンプで「GO!」って言ってるけど、オモチャのほうに気が行っちゃっいましたね。

投げる方向もトンでもないとこだし。







11月13日

前日からNADACの競技会がキャルドウェルで開催されています。

モモと未来を連れて、見学に行ってきました。

モモは久しぶりに会う先生やお友達に会うたびに、ジャンプアップしていたので、とっても楽しかったんだと思います。(CGC卒業したのに、だめじゃん)

未来は、競技会の場に来るのは産まれて初めて。

会う人、会う犬に吠えまくるんだろうな、と思っていましたが、そんなに酷くなくて一安心。

でも、終始トリートをあげっぱなしで、午後からアジ教室に行くのにお腹が一杯になってしまいそう。


んで、モモの教室でのできというと。

コンタクトは安心して見てられますが...

スラの途中で抜けて、フェンスのところにまっしぐら。

なにか気になるものでもあったのでしょうか。(汗







未来の苦手は、

シーソー = 怖くてまったくできない。

ドッグウォーク = かっとんで行く時もあるけど、ふと思い出したように不安になる、ビビリさん。

タイヤ = Mary先生のところの白っぽいタイヤは問題ないのだけど、Julie先生の黒いタイヤは何故だか下をくぐったり拒絶したりします。

この日もDWの練習でトリート一杯食べたし、タイヤも高さを低くして練習しました。

シーソーはわざわざ未来のためにテーブルに代えてもらっての練習です。






PS:スラは5センチほどオープンしてます。 だからとっても速く見えますが、そういう理由ですので誤解のないように。


スラ以外の自主練もしてますよ。

アジリティー月刊誌「Clean Run」の記事に「Backyard Dogs」というのがあって、機材や場所の広さ的にできるようであれば、時々そのコースを走っています。

今月号のコースをちょっと変更してこんなコースにしました。

コース1
AG10110201.jpg

コース2
AG10110202.jpg

コース3
AG10110203.jpg



うちの裏、といっても公共の場所ですが、には大きな木があるのでこのコース通りには機材を配置できませんので、ちょっと縮小版です。

昨日はコース1と2.

今回はその復習とコース3を走りました。

バーを落としまくっているけど、未来も結構やるもんだな、と親ばかながら関心しています。


動画を編集して無駄な部分をカットすればいいのだけど、やりかたがよう分からん。
無駄に長いビデオですが、見てやってください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。