上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日までぐずぐずしたお天気でしたけど、今日は快晴。

放射冷却かまだ肌寒いけど、動いているとジャケットはもう要らない。

今日のコースは、

2008 AKC Agility International
December 12
Round 1 - Excellent Jumpers with Weaves

09022801.jpg
クリックすると大きくなります


検分だとそれほど引っ掛かりそうなトラップもなく、比較的簡単に見えたんだけどな。

まだまだ経験が少ないとうちゃんには、見えない落とし穴がありました。


③スラを右ハンドルで行くか左ハンドルかによって、その後にFCするかプッシュするか分かれますが、さほど違いはありません。



⑩に送り出した後、⑪前でFCかと思ったんですが、先生曰く

「それはちょっと無理があるわ。 ⑪後、ジャンプの真横にいるくらいが調度いいわよ。」

とのこと。

やって見ると、全くその通りでしたね。

そのFC部を一度練習した後、モモさん、シッコしちゃいました。

「ごっらー!」 と叱って、即退場。

「リングでオシッコはだめだ」ってこと、まだ分っていません。




今日は2回、全コースを走るチャンスがありました。


まず、1走目

①と②の延長線と③スラの延長戦が交わるところまでリードアウトして、「OK」でスタート。

「Weave」っでスラに入る...と思ったら、スーと抜けてかあちゃんのところへまっしぐら。


09022802


かあちゃん、いいカメラアングルをと、スタートの正面でかまえていたんです。

モモさんなにを思ったか、かあちゃんにすっ飛んでいってジャンプアップ。

今日のモモさん、へん?

でも、かあちゃんは喜んでいましたよ。

これで学んだことは、競技会でのかあちゃんの位置も目立たないところが良いと。


んで、かあちゃんはいつもの場所に戻ってやり直し。


09022803


前半から中盤まで、モモは天才かと思うくらいスムースにことが運び、残すは⑭から⑯の直線部と⑰のRC...と思ったとたんに、⑮ジャンプをすっぽ抜け。

検分した時には、⑭から⑯まではほぼ直線に見えるんです。

でも、良く考えたら⑭を跳んだ後は外に膨らむので、以外と角度が付くんですね。

それで⑭を跳んだ後モモには⑯が丸見えで、先を急ぐとうちゃんが真っ直ぐ走るもんだから、つられて真っ直ぐ走った結果です。


それと⑰前のRC。

なんかギクシャクしていて、最後まで上手く行きませんでした。



第2走目

09022804


とりあえず完走しましたが、⑰前のRC...危ないあぶない。



今日は検分の甘さが暴露して、良い勉強になりました。

最後の部分、メモしとこ。


09022805.jpg
クリックすると大きくなります


:⑭の後はモモの動きをよく見て必要ならひきつける。

:⑯へ押し出し。

:⑯後は焦らず、前へ出ず、モモが戻ってくるまで待つ。

ピンク:RCも焦らず、モモが⑰にコミットとした瞬間に。

この最後のRCの注意点は、家でビデオを見て、先生の動きと比較しての実感です。

大変参考になりました。


番外でタッチ系の練習をしたんですが、モモさん、シーソーの後遺症がまだ残っているようです。

怖がりモモさんにとって、完全に克服するにはまだ時間が掛かりそうです。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。