上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんな練習がなんの役に立つのか分らないけど、遠隔と、目の前の障害にフォーカスするのが目的です。

フライング気味ですが、モモが前に行こうという意識を尊重して、「OK」出しています。




いきなりこれが出来た訳じゃありません。

最初はとうちゃんが障害の直ぐ近くに立って、モモが目の前のジャンプを跳ぶ練習から...

それと、障害にフォーカスし易いように障害の近くにシットさせています。

09101202.jpg

オモチャをジャンプの先に投げて、真っ直ぐ跳ぶ意識付けをしておきます。

09101203.jpg

徐々に立つ位置を横に離れていってもまだ、オモチャをモモの目の前のジャンプの先に投げます。

09101204.jpg



モモが目の前の障害を見た瞬間に「OK」を出してスタートしたいのですが、自主練だととうちゃんの方にばかり集中していて、なかなか障害のほうを見てくれません。

時には1分以上(体感時間だともっと長い)も睨めっこ状態が続くこともありました。

とうちゃんのほうが疲れて、一旦外しましたよ。

これが自主練以外のアジ教室や競技会だと、こんどは余所見ばかりしていて、とうちゃんのほうも見てません。

目の前の障害に視線がいかないと、動画の2回目のスタートのように、上手く障害が跳べなくなります。

一旦、目の前の障害が跳べれば、後は素直なサーペンタインなので、モモには無理なくできます。

今回はスラ練じゃなく、ちょっと違った練習もしてみました。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。