上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.01 とんだ大晦日
未来が不妊手術をした後、一週間以上吐き続けていたんです。

途中一日だけ、絶食してみた夜だけ吐かなかっただけ。

大晦日の夕飯まえ、また吐いた。

吐くのは殆んどが夜中。

かあちゃんが未来担当なので同じ部屋で寝ているんですが、寝不足と心労です。

モモが何日も吐いたとき、病院に行ったけど、結局原因不明で高い診察料を払ってレントゲンの写真が残っただけ。

未来も、カーペットや絨毯、毛布、トイレシート、などなど、いっぱい食べるからそれが詰まって吐いているんだと思っていたけど、これだけ長引くと心配。

大晦日の夜9時、心配がピークに達し急遽病院へ。

この病院は年中無休で24時間対応。

モモも未来もお世話になっているところです。


先生にこれまでの経緯を説明し、やっぱりレントゲンを撮りましょう、ということで見積もりも貰いました。

日本でもそうかもしれませんが、アメリカでは処置をする前に必ず見積もりにサインをして、治療が始まります。

んで、出てきた見積もりがこれ...



10010102.jpg


$717

ドヒャーと、ビックリしました。

でもこれは最悪のシナリオの場合で、とりあえずレントゲンを一回撮ってから相談しましょうとなりました。



10010101.jpg


で、未来の投影図を見ながら先生の説明を受けると、ウ○コが大腸に一杯詰まっているようです。

早い話が便秘ですかね。

不妊手術後、頂いた痛み止めの薬には、便秘を引き起こすこともあるそうです。

脱水症状も多少あるみたいで、未来の食ったカーペットの細かい破片が腸の中のウ○コと絡まって出てきてないようです。

処置としては、何やら液体を首筋の皮下に注射して、脱水症状を和らげることにより御通じを促すようです。

とうちゃんは一瞬、「浣腸」すれば良いんじゃないと聞いて、笑いをとってしまいました。

同時に吐き気止めを注射して、今日はおしまい。

〆て$300也。

安心代と思えば安いのか...

家に戻ったのが辛うじて2009年でした。



家に入る前に大きなウ○チを一つして、

ばたばたしていたら、お正月になりました。



この日の夜は吐き気止めが効いているので、吐かなかったけど、

今晩(お正月の夜)、吐かなければ一安心。

食事の量を減らしているせいもあるけど、今日のウ○チは2回、量も今一。

いっぱいしてくれたら安心なんだけどなー。

今日もチョッピリ不安な夜を向かえるのでした。



ワンコの医療保険、真剣に考えようかな。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。