上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未来の悪魔癖が発覚してから2ヶ月ほど経ちました。

いまでも自分の気に入らないことがあると、ヴーって唸ります。

モモを遊びに誘うときもヴーっていいますが、その唸り声の差は微妙でも、顔を見ると明らかに違います。

んで、その気に入らないときのヴーって言っているときに、未来の顔の前に手があると咬みつきます。

気に入らない時というのは、寝る前が一番多いかな。

眠いのに無理して起きていて、おまけにモモが目の前を通ると、怖い顔してヴーっていっています。

モモも、ウザッたい未来を見るとヴーっていいますが、顔には出さず静かにいってます。

モモと未来は仲がいいとは言えず、どちらかと言えばお互いにウザッたい存在だと思っているようです。



未来が2ヶ月前に比べて変わったのは、咬む力を加減するようになってきたことです。

以前は咬まれるたびにチー出していましたが、今は咬んだ跡が赤くなる程度です。

これまで未来にやってきた対処方というのは、

機嫌が悪そうだと思ったら、悪魔のスイッチが入らないようにオモチャで気を紛らわせたり、

モモに対して唸っていたら、間に入ってインターセプトしたり、

たとえ、とうちゃんの手を咬んだとしても、叩いたり、蹴ったり、投げ飛ばしたり、首を締めたり痛い目にあわせることはせず、

言葉で静かに叱ったり、口の中に手を差し出して「咬んでみろ」と言ったりしています。


あまり大きな声で叱ると、音にはとっても敏感なモモがその声に萎縮して沈んでしまうので、多頭飼いの叱りかたは難しいです。


もしモモがいなくて未来だけだったら、唸るようなワンコにならなかったかもしれないと思うこともありますが、こればっかりは悩んでもしょうがありません。


未来のこの性格は潜在的にずっと残るでしょうが、なくべくスイッチをいれない、入っても直ぐにスイッチを切ることができるように、頑張っていきたいと思います。



10022102.jpg






因みに今日は何度目かのとうちゃんの誕生日です。

会社から帰ったら、かあちゃん手作りの美味しいご飯と、



10022402.jpg



バニーガールたちに祝され、嬉しいとうちゃんでした。


10022404.jpg


10022403.jpg


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。