上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続きです。


5時に会社が終わると同時に、WestVetの受付の人からとうちゃんの携帯に電話がありました。

「先生に時間が出来ましたので、おこしください。」とのこと。

かあちゃんに連絡して、大急ぎで病院に向かいました。



病院に着き、支払いを済ませ、診察室に案内されました。

待つほどもなく、手術着のままの先生が現れました。

かあちゃんと一緒に、医療用語が一杯出てくる英語に、チンプンカンプンながら、先生も一生懸命言葉を選んで説明してくれました。

後から思えば、ビデオか何かで録音しておけばと思いましたが、その時はそんな余裕すらありません。

要約すると電話での話と同じで、

骨には異常なし

肘も肩も調べたが、問題なし

靭帯も異常なし

後は、術後のケアの仕方やリハビリの予定など、明日からのモモの世話をする上の注意事項の説明でした。

結局は関節炎で、モモはこの痛みと一生付き合っていかなくてはいけないかもしれないと。

痛み止めは、欠かせないことになりそうです。

CTスキャンの写真も見ながら説明してくれたのですが、良く分かりませんでした。



08072701.jpg


CDをいただいて来たので後でゆっくり見てみました、素人には何を見ていいのかさっぱりです。

左上が全体像で、調度スーパーマンが空を飛んでる格好です。

他の写真が、スキャンした部分の任意の位置を表示できます。



手術中に関節鏡を使った写真もいただいてきました。



08072704.jpg



一方が肘で、もう一方が肩だと思うのですが、どっちがどっちかは今では分からなくなってしまいました。

まっ、どっちにしろ見てもよく分かりません。



08072705.jpg



そうこうしている間に、モモは眠りから醒めたようです。

看護婦(?)さんに連れられて、診察室に入ってきました。



08072706.jpg



手術なので当然で分かってはいたんですが、思ったよりも一杯毛を剃られていて、とっても惨め。



08072702.jpg



従来の手術と違い筋肉を切っていないので、術後直ぐだというのに歩いてきちゃうんですね。

抱きしめたい気持ちをぐっと押さえ、惨めな姿に変身したモモを見て、複雑な気持ちでした。

「これで、よかったんだろうか...」

「手術をしなくても、良かったのかも...」

「痛い思いをさせて、ごめんね。」



08072703.jpg



エリザベスカラーを付ける説明を受け、思わず笑ってしまいましたけどね...(ゴメン、モモ)


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。