上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オレゴン旅行、モモの右手が治ってなかったので、思いっきり遊ぶことは出来なかったね。

ビーチで走ったのがいけなかったのか、未だに足を引きずっているので、また診てもらいに病院に行ってきました。

いつものことだけど、病院にはすんなり入るくせに、中に入って暫くすると嫌な事を思い出すのか、ご覧の通り。



08060601.jpg


怖がりモモです。


これ、かあちゃんに訴えているんですね。

モモ「この不安をなんとかして。 助けて!」



08060602.jpg



診察室に入ってからも、ドアを開けようと無駄な抵抗をしています。


08060606.jpg


モモ「アタイ、帰りたい。」


08060603.jpg



またまた、かあちゃんのところに抱っこ。

モモ「これで安心ですね。」

08060605.jpg



最後に手放しで、「ほら。」

かあちゃん、モモで遊んでます。

モモは抱っこが上手でしょう、しっかりつかまっているので落ちません。

08060604.jpg



かあちゃんもとうちゃんも、モモのリアクションに思いっきり笑っちゃいます。

人の不幸は蜜の味。


肝心の診察結果は、

今回はレントゲンを撮ってもらいました。

それを見る限り、骨に異常は無し。

小さな骨の破片はレントゲンでは見えないのですが、ジョイント部分の骨も綺麗なカーブを描いているので、小さな骨の破片が悪さをしているのではなくて、たぶん腱を痛めているのではとの事。

前回は筋肉を傷めている可能性を言われましたが、今回は腱を痛めていると言われました。(とうちゃんと、一緒だね)

暫くまた様子を見ることにします。

内視鏡の検査は他の病院へ行かなくてはならないし、$1,000以上(10万円以上)するそうです。


そうそうレントゲンを撮るのにモモを病院へ置いて、3時間ほどしてからかあちゃんが迎えに行ったのですが、モモはケージの中ではなくて別室にポツンと一人でいたそうです。

どうやらケージに入るのを断固拒否し暴れたらしく、検査室の一つをモモ用の特別室にしてくれていました。

お迎えを喜んでくれるのかと思いきや、かあちゃんは無視されたそうです。

本犬、必死に病院の外へ出る事のみに集中しておりましたとさ。


モモ、頑張って気力で治してください。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。