上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジリティーのクラスは暫くお休みして、その代わりに「Reactive Dogs Class」を受けることに決めました。

この間の土曜日がその初日。

このクラスの目的は、集中力が無く、外部の誘惑などに弱く、クンクン始めたり、他のワンコにガウガウ言ったり...、そういうワンコ達を無理強いではなく、リラックスした形で飼い主により近付ける、というものです。

2月に同じくMaryさんが開いた講習会「Focus on Focus」のフルコース版(6日間)です。



とうちゃんが右足の靭帯を痛め、まだ完治していないのに、今度はモモが右手の肩を時々かばうようにビッコを引いています。

まだモモは全速力で走れる状態じゃないので、このクラスを受けることにしてちょうど良かったのかもしれません。


今回の生徒さんは4組。

それぞれ悩みを持たれて受講されています。


Mary先生
08051901.jpg



クラスの初めに現在どの程度、ワンコと飼い主さんの間に絆があるか計るために、囲まれたフェンスの中で、リーシュを放しどの程度コンタクトして来るかを試します。

フェンスからジャンプして飛び出す子もいれば、小さい子はフェンスの穴から抜け出す子もいました。

モモはその中では優等生、とうちゃんにしばしばアイコンタクトして、このクラスは受ける必要が無いくらいでした。



08051902.jpg



先生とダニーちゃんによるデモンストレーション。

08051903.jpg


ご褒美がなくても、これだけ一緒に遊んでくれると嬉しいんですが、元々インディペンデントなモモの性格を変えるのはそう簡単ではありません。

より強い絆を築くために、頑張ります。


「モモ、それより早く右手を治してください。」



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。