上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モモがビッコを引き出してから、高いジャンプや急激な旋回や停止を伴うアジリティーはちょっと控えています。

その代わりといってはなんですが、オビディエンスでも始めようかと考えていました。

アジをしている多くのワンコはオビもしていて、これまでオビをしていなかったのがまずかったかも。

競技会などでオビをしているワンコはよく見るのですが、WEBを探してもなかなかピンと来るところが以外に見つからなかったんです。

数週間前、アンモリソン公園でアジとオビの競技会を見てきました。

そこで、偶然にもご近所の方と出会いました。

このご近所さん、3頭のバーニーと1頭のハウンドを堂々と従えて散歩しているのをちょくちょく見かけます。

4頭とも全くリーシュを引っ張るようすもなく、モモを見てもびくとも動かないワンコ達で感心していたんです。

オビに出陳するのを聞いて、納得でした。

このとき初めてお話する機会があって、オビの教室は何処がいいか聞いてみました。

そこが今回初めてオビの扉を開けたところです。



先生の名前はPam Greenさん。

結構評判の良い先生です。

一週間前に教室は始まったのですが、その時はワンコなしの教室。

昨日がモモにとって初めてのオビ教室でした。


初回の内容はというと、大昔に行った「しつけ教室」とは打って変わって高度です。

といっても、モモにとってはどれも今までやってきたことなので、お茶の子でしたけどね。

1.アイコンタクト
2.Leave food to get food (日本語でなんと言って良いか?)
3.タッチ
4.バックアップ
5.ターン(左右)



最初の1.と 2.は、トリートがあればお手のもの。

見よ、このアイコンタクト


08100701.jpg




タッチ

手をかざして、鼻タッチ。

これも、何も言わなくてもできますよ。

08100702.jpg


でもね、これがモモの一番の問題点。

途中でなんども、他の人やワンコにちょっかい掛けにいく。

困ったちゃんです。

08100703.jpg




バックアップ

開発途上の芸(?)ですが、まあまあでした。

とうちゃんの動きが速すぎるのを先生に指摘されました。

それで、モモが座っちゃうようです。

真っ直ぐに下がるようにも、練習あるのみですね。


08100704




最後にターン

これもアジで一杯練習してます。

でも、久しぶりだったので、動きが今一だったかな。


08100705


ということで、今日のテーマはモモにとっては簡単で、先生にも褒められました。

と同時に、モモがとうちゃんから離れて他の人やワンコに向かうのは、

「モモがやりたいときだけとうちゃんに従っている」ということなので、改めなくてはいけないと言われました。

でも、どうやって???

それを直すのにこれまでずっと、苦労しているんです。

Pam Green先生、教えてください。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。