上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のテーマは、如何にワンコに情報を伝え、ワンコ主体のハンドリングをするかです。

これはディスタンスコントロールの導入でもあります。

  ディスタンスコントロール:
  ハンドラーがワンコから離れて指示すること。
  上級クラスには求められる技術です。


同じセットを使い、3種類のコースを練習しました。


先生からは、ハンドラーのスムースな動きと、ワンコを先行させるように、指示は早めに、と注意されました。

頭では分かっていても、指示が遅れ気味になります。

ビデオを後で見ると、指示の遅さがよく分かります。


図の中の、青線がワンコの動き、赤線がハンドラーの動きです。

模範演技で先生は、縦に並んでいるジャンプバーの左側から指示を出していました。(凄いの一言)




1.

08020401.jpg









2.

08020402.jpg



3.

08020403.jpg








まだまだ、リアクロスでトンネルに入るのが出来ません。

「練習あるのみ」ですね。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。