上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜から降り始めた雨が木曜日まで続き、金曜日には晴れたものの練習不足。

モモの場合、練習不足よりもとうちゃんとの遊び不足が心配です。

また、木曜の夜からコビー君がお泊りしていますが、その影響が凶とでるか吉とでるか。


朝の9時からのクラスは、結構辛い。

気温も上がらず、氷点下。

モモはテンションを上げないとノリが悪いので、朝が早いのは時間的にも難しい。

クラスが始まる前の遊びも、なんだか乗りが悪くいやな予感…




今日のコースはこんなのでした。


07122201.jpg

最初は②がドッグウォーク、⑯がシーソーだったのですが、気温が低く表面が凍っていました。

安全のため、トンネルに換え、図のようなコースに変更。





予感的中。

前回はあれほど絶好調だったのに、今回はモモの気持ちをとうちゃんに集中させることが出来ず、練習始めていきなり「切れ走り」。

クレートに入り、暫く謹慎。

「がーん怒り、やってしまった。 最悪。」

他のワンコはみんな良い子なのに、モモだけが問題児。

とうちゃん、暗ーーくなりました。

でも、暗い気持ちがモモに伝わると、また悪い結果にしかならないので、気持ちを切り替えるように、「モモは良い子、モモは良い子」と念じながら、次の出番を待ちました。


謹慎後に再開。

その後は、内心「また、逃げ走りをするんじゃないか」と心配しながら練習していましたが、良い子にしていてくれました。



今日のポイントはA-フレーム。

ドッグウォークやシーソーに比べ坂が急なので、下りのスピードから急に止まるコンタクトも気合を入れないと難しい。

家にはこんな大きな機材は無いので、練習もしていない。

今日はその欠点がむき出しになってしまい、何度も先生に注意された。








「一発で止まれなかった時は、トリートはあげないように」と注意されました。

モモは止まろうと頑張ったので、ご褒美をあげたのですが、「一回降りてからやってももらえるのだったら、これの方が楽だ」とワンコは思うらしい。

で、先生の見本。

何故か、モモが生き生きして見える。

先生はマジシャンか。





で、やり直し。






まあまあですが、先生のと比べるととうちゃんの動作は緩慢です。



最後の仕上げに、





この後、またA-フレームで止まれず、2回ほど繰り返したり、A-フレームを逆走したりと、全然だめ。


仕切りなおして、





A-フレームの練習は、家ではできない。

どうすればいいの??


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。