上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オビ初等(Novice)クラスの第三日目。

今日のテーマは「リコール」。

もうすぐ三歳のモモにとって今更という声も聞こえそうですが、リコールは非常に重要で、どんなときにでも出来るようになるのは並大抵ではありません。

教室はパピーも混じっているので(というかパピーが主体)、導入編からです。

手順は、

1. リーシュを外したら直ぐにトリートを数個、床に落とす。

2. ワンコが食べている間に離れる。

3. ワンコは食べ終わった後、もっと欲しいと追いかける。

4. ノーズタッチで遊びながら、トリート。

5. 「カラー」(後で説明)で、カラーを持って、トリート。

6. リーシュを付けて、トリート。

という具合に、ワンコが来るだけではなく、カラーを掴むまでの練習です。

カラーを持たれるのは逃げられなくなるのではなく、楽しい事なんだよと教えて行きます。


で、モモさんはと言うと...

始める前に、壁に飾ってあるワンコ(多分先生のワンコ)のポスターにご挨拶。

そんなことするの、モモだけだったよ。(汗

先生は注意するんじゃなくモモに、

「これはね、ポスターなんだよ」と説明、

モモ「グワッ」とかなんとか意味不明な声で返事(?)

先生も「そうです」と...

先生とモモとの会話で、みんなの笑いを取っちゃいました。

Pam先生はほんとに楽しい人で、生徒さんたちやワンコにも大人気です。



08102201



この練習、パピーや他のワンコ達全員できました。

モモだけ出来なかったらどうしようとちょっと不安でしたが、まじめにやってくれてとうちゃん一安心。




今日のテーマの他に、ある生徒さんから質問がありました。

「うちの子はジャンプアップして困るんです。 どうすれば直りますか?」

先生の答えは、「直す必要はありません。」と。

膝けりをいれて矯正する方法が紹介されていますが、それだと近づけば蹴られると警戒して、来なくなるそうです。

それよりも、シットがちゃんとできるようにコントロールできれば、問題はない、ときっぱり。

モモも、ジャンプアップを矯正してこなかった(むしろ、とうちゃん達が喜んでいた)のですが、これを聞いて一安心、シットを強化する方針で行きます。(大丈夫か?)


先生のワンコ(名前を覚えていません)の豪快なジャンプアップです。

デモの為に前に出てくるたび、このジャンプアップをしてます。

よっぽど、先生と一緒にいるのが楽しいんですね。



08102202.jpg



「カラー」を、家で練習。

カラーを掴まれるのは逃げられなくなるのではなく、楽しいことなんだよと教えます。

「カラー」とコマンドしたら、ワンコのほうから首を差し出す練習です。

小さい動きだからか、なかなか覚えるのが難しそう。

まだまだ理解度、20%くらいかな。



08102203.gif


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。