上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オビ教室、4日目です。

今日のテーマは「リーシュコントロール」

「ヒール」までする必要はないけれど、手の届く範囲にワンコがいるようにするのが目的です。

リーシュはスナップを効かせるようにして、引っ張るのではなく、ショックを与えるような感じです。

ショックを与えるときには何も言う必要はありません。

ただ黙って、ワンコにとって何事が起こったのか分からないくらいにします。

ワンコが飼い主の方にきたら、思いっきり褒めます。

この褒めちぎるのが、ポイントですね。


08102802.jpg


先生が、生徒さんのワンコを借りてデモンストレーション。

この最初の一発が強烈でしたね。

「キャイン」っていって、ビーグルちゃん、宙を飛んじゃってました。


08102801.gif


その後、愛情をもって褒めるのを忘れずに...


10分ほどでしょうか、先生の預かるビーグルちゃんは、それまでちょろちょろしてたのが、見違えるほど先生にベッタリ。

飼い主のおかあさんに手渡した後も、おかあさんの後ろをくっ付いて離れませんでした。


08102803.jpg


んで、モモさんはというと...

何度かショックを入れられて、そばにいるものの、

「なんか、様子がへんだよ」

と、神妙な顔。

先生からは距離が少しあるので、もっと近くに寄せるようにとのアドバイス。

近くに来たら褒めて撫ぜてあげようとすると、迷惑そうな顔をして避けようとします。

撫ぜてもらうの、全く嬉しく無い様子。

モモさん、ものすご~く楽しく無い顔して歩いてました。


08102804.jpg


教室のあと、とうちゃんの腕が痛くなったのは言うまでもありません。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。