上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かあちゃんがいないので、ビデオを遠くのほうに置いて全体が写るようにしたので、こんな写真です。

クラス全体の雰囲気は伝わるかな。

水色のジャケットを着ているのが、とうちゃんです。

モモは黒いので、ちょっと見づらいですね。



1. フロント・シットでハンドラーとの距離をつめる練習

一旦フロント・シットさせた後、ハンドラーはゆっくり半歩下がります。

ワンコはそれについていくので、ハンドラーとの距離が更に縮まるというもの。

とうちゃんはトリートを手に持って、ちょっとインチキしていますが、モモさんはぴったりくっ付くくらいにシットしてます。 よし。


08121001.jpg


2. フロント・スタンドで、回転したり、横移動

棒でワンコの動きを規制しながら、ハンドラーの真正面にスタンド。

ゆっくり体を捻って回転したり、横にスライド移動したり

ワンコはハンドラーの動きに付いて正面スタンドを維持する

モモさん、あっちこっちお尻を動かし、いつものようにせわしない。

棒を2本持って、やっと真っ直ぐになりました。

この棒、モモは初め、不審に思ったのか棒の間に入れませんでした。

最近は大分慣れてきたかな。


08121002.jpg


他のワンコもそうなんですが、トリートをもらおうと思って直ぐにシットしてしまいます。

普段の躾で、そう教えているからでしょうね。

その度に、「Stand up」のコマンド。

オビの教室に通いだして、このコマンドを一番使っていますよ。

最初は出来なかったけれど、だんだんモモの反応も良くなってきて、今ではカラーを持っていてもできるようになりました。


3. ヒール位置で、左回り、右回りに歩く

回るく歩いても、ハンドラーの歩く速度は変わりません。

ワンコがハンドラーの速度に合わせて、左回りのときは遅く、右回りのときは早く歩きます。

最初は大きく回って、速度を調節することをワンコに教えます。

だんだん回る半径を小さくしていき、最後にはその場で回転しても、ワンコはハンドラーの左に付くようになる。

まずは半径3メートルくらい。

モモさん、まずまずでしたね。


08121003.jpg


今日はよく出来ました。

お疲れさん。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。