上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.07 おりれん
タイトルの「おりれん」。

くるまから降り習、略して「おりれん」と命名しました。

これだけだとなんのことだかさっぱり分からないでしょうね。


モモの不安症。

自転車に対する恐怖心の他に場所への恐怖心もあります。

過去に自転車を見たなど嫌な思い出がその場所にあるのが原因だとは思いますが、その場所に自動車で行って、モモを降ろそうとしても、降りてくれません。

初めて行ったところでも、嫌な雰囲気や音がしているところは、全く降りようとしません。

そのことをタミーに話したら、

タミー「無理に降ろすのはよくないわ。
 トリートをあげて、一旦引き上げるのよ。
 その辺を一周してまた同じところに停めて、また降りるかどうか試してみたら。
 だめだったら、また繰り返す。
 そうやって、慣らしていったほうがいいわ。」

とアドバイスをいただきました。

数日前から、比較的不安度の低そうなところから始めています。




先ずは、近所のホームデポ。

ホームデポは、ワンコが自由に入って歩ける、社会化にはとってもいいところ。

以前は全く問題なかったモモですが、数ヶ月前に一度、車から下りるのを拒否しました。

まずは、ここから始めました。

意に反して、素直に降りてくれて一安心。

未来と一緒にホームデポの中を一周して帰りました。




次の日。

ちょっとハードルを高くして、近所のバグリーパーク。

この公園はモモが恐怖のどん底に陥ったところで、パンティングし始め、最後には歩けなくなり、震えてしゃがみこんでしまったところ。

その駐車場で、「おりれん」してみました。

1回目、周囲の様子をうかがっている様子で降りようとしません。

無理せず、ドアを閉めそのへんをグルっと一周。

2回目、恐る恐る降りてきた感じ。

降りると逆に興奮しちゃって、リーシュ咬みながら振り回す。

モモの止めさせたい癖です。

でも数十メートル歩いたところで、いきなり気落ちしたみたい。

直ぐに車に戻って、今日はおしまい。




日を改めて再度、バグリーパークに兆戦。

今日は駐車場や公園内には若い子達が多く、自転車も時折遊歩道を走っています。

無理かなと思いつつ、「おりれん」しました。

3度試しましたが今回は全く元気なく、だめでした。

その間、駐車場にいた人は変に思ったでしょうね。

だって、

犬を降ろそうとドアを開けて、

トリートあげただけでドア閉めて、

走り去り、

暫くしてまた来て、

同じように、犬にトリートあげただけで、また走り去る。



どう見ても怪しい。



体裁なんかどうでもいいので、暫くこれを続けてみます。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。