上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.13 5回目
未来のCGC教室通い、

5回目に突入しました。

去年の6月頃から通い始めたので、7ヶ月以上も通っていることになります。

1回のセットが6週間から8週間のコースです。

コースの最後の週にテストがあり、テストにパスすればおしまい、落ちた人がまた受講するのは少ないようです。

もうこうなったら意地でも、タミーさんが「もう、来るな」というまで続けるぞ。

教室はいつも水曜日の夜。

ボイジーの冬は、夕方5時にもなるともう暗いです。

なので、前回のクラスからインドアでIdaho Humane Societyを使用しました。

ここはインドアとはいえ結構広かったのですが、今回の場所はCaldwellのシェルターの一室。

かなり狭く、未来にはつらい環境です。



初めて行く建物の中の狭い部屋。

未来は警戒して素直に入れません。

ドアを開けても、へっぴり腰になってじっとしてる。

2、3度トライしていると、中からジュリーさんが出てきて、未来に挨拶してくれました。

これで、やっと教室なんだと理解したのか、元気になって入ってくれました。


実はこのクラスはCGCではなく、Loose Leash Walkingというコース設定。

CGCのクラスは急遽6時から始まることになって、とうちゃんは会社が終わってからこの時間に間に合うにはちっと無理。

という訳で、CGCクラスの直ぐ後に、同じHIDiが主催しているこのクラスに参加することなりました。

んま、未来の目的はCGCにパスすることではなく、社会化。

少人数なこちらのクラスのほうが、かえってよかったと思います。


で、どうだったかというと、

教室の時間中、一度も吠えることはありませんでした。

未来にとっては、凄いことなんですよ。

10メートル四方くらいの狭い部屋のなかに、4頭の生徒さんたちと先生のデモ犬1頭。

部屋の中を歩く状況になり、後ろから来るワンコにお尻をクンクンされても、大丈夫。

これも、これまでやってきた成果ですかね。

これからも続けてやっていきたいと思います。


教室が終わって外に出ると、我慢してたのかすぐにウ○チをして、さあ帰ろうと車に向かうと、中から出てきたワンコに吠える未来。

だめじゃん。

今まで一緒にいたワンコなのに、外だと教室モードから外れるようです。



11011301.jpg



来週も頑張ろな。






スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。