上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未来のアジ教室はこの日で、40回目。

いつの間にか、もうそんなにやってるんですね。

でもいっこうに進歩している様子が見えないのはなぜ。

まだシーソーできないし。(汗

今日は先週に引き続きDonnaさんのところ。

NADACスタイルの障害間が広く、ディスクリミネーションと遠隔が必要なコース設定です。

ディスクリミネーションとは、複数の障害がワンコの進行方向に置かれていて、正しい障害をクリアーすることです。

うちだけではなく、他のハンドラーの皆さんも結構苦労なさっていると思います。

先週もそうでしたが、今回は未来にしっかり時間を割いていただいてディスクリミネーションで登り物を行く練習を徹底的にしていただきました。

今日の設定は、トンネルとDW,トンネルとAフレでした。

ワンコには多少なりとも障害の好き嫌いがあります。

モモはどちらかというと、登り物。

未来は間違いなくトンネルです。


まずは、モモのお手本から。

途中、ハンドラーがモモを押しすぎて、トンネルにスムースに入れませんでしたが、モモが何とかリカバリーしています。







そして未来。

予想通り、何度やってもトンネルにしか行かず、トンネルに行けないようにゲートを置いてもこの始末。

みんなあきれ返ってしまいました。






しょうがないので先生、トンネルの入り口を塞いじゃいました。


11041006.jpg


でも、これでは練習にならないので、次の手はゲートを長く伸ばしてDWへの道を作って...

4枚
11041001.jpg

3枚
11041002.jpg

2枚
11041003.jpg


と、ここまでは良かったけど、

1枚になって、トンネルの入り口が見えたら、一直線にその方向に突っ走って行っちゃいました。

11041004.jpg


んで考えたのが、とうちゃんは走らないでリードアウトしたその場で未来をリリース。

未来がとうちゃんの横に付いたら、そのタイミングでDWを指示するというもの。

普段から、とうちゃんがじっとしてたら、横に付く練習はしているので、これは上手くいきました。


11041005.jpg


ゲートが1枚でも、DWに登れるようになり、今日の収穫は大きなものでした。

もうこの時点で教室の終了時間になっていて、次のクラスの人たちが集まってきてました。

Donnaさんそんなことは気にもせず、熱心に未来の補修授業をしてくれました。





でもまだ、ゲートは1枚残っているし、これが無かったらどうなるのか、

また、スタート時のリードアウトのときは良いけど、コースの途中だったらどうすればいいのか、と課題はまだまだ続きます。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。