上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のこと、平日の水曜日なんですが夕方6時半からアジリティーの遠隔クリニックがありました。

場所はいつものMary先生の場所で、Boiseでは遠隔操作の第一人者であるStacyさんが講師です。

暫くの間競技会から遠のいている間に、とうちゃんの足の按配が悪くなったりして、普段の自主練も少なくなっていたのですが、こういう機会があれば、刺激になってまた練習にも励もうと思い直しているところです。

クリニックの時間は2時間。

始めに遠隔の基礎の説明があり、10頭ほどの参加者が順番に走りレッスンを受けました。

2時間はあっという間に過ぎ、2回しか走れませんでした。

これは最初に走ったところですが、最後には(2:20以降)なぜか上手くいって飼い主本人もびっくり、喜んでいます。





覚書:

とうちゃんのハンドリングには悪い癖があり、指摘を受けました。

1. 手が下がる。 手が下がるとワンコは寄ってきてしますようです。

2. 「Come」の場面(動画の2:28あたり)で、しゃがみ込んでしまう。
 ワンコに背中を見せるのはいいんだけど、しゃがまず真っ直ぐに立つこと。


ハンドリングはタイミングが全て

ワンコによってタイミングは違うが、未来の場合反応が早いので、シグナルを先出ししないように我慢するのも大事かな。


ハンドラーの足の調子が悪いので、ますます遠隔操作が必要になってきたぞ。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。